今年2月にJapaaanでも紹介した、全国初となる「勝海舟記念館」が、9月7日(土)についにオープンしました!

咸臨丸で渡米し、海軍の育成に努めるなど幕末のもっとも革新的な考えを持った幕臣と言われ、西郷隆盛らと共に江戸無血開城を実現させた勝海舟。彼は晩年、洗足池の景観にひかれて、現在の大田区立大森第六中学校の地に、別荘「洗足軒」を構えました。

勝海舟1823~1899)

海舟の没後、「洗足軒」を近隣に移転させ、その隣地に関係図書の収集・閲覧や講演を行った清明文庫が設立されました。

今回、国登録有形文化財に指定された「旧清明文庫」を大田区が総事業費11億円をかけて改修し、令和元年9月7日大田区勝海舟記念館として開館しました。勝海舟の記念館としては全国で初めての記念館となります。

開館した勝海舟記念館(大田区公式サイトより)

まず、国の登録有形文化財である建物を一歩入ると、海舟語録が流れる地球儀が訪問者を出迎えます。一階では、ペリー来航時に幕府に提出した海防に関する意見書の草案などの資料が並び、幕末から明治にかけて活躍した勝の生涯がたどれるようになっています。

海舟が残した言葉がモニターに映し出されるコーナー「海舟ブレイン」では、西郷ら隆盛との関わりや、海舟の人生観に触れることができます。また、海舟が渡米の際に乗船した咸臨丸での航海の様子を大画面のCG映像で体験できる部屋もあり、海舟の歩んだ時代を身近に感じることができる展示となっています。

また、海舟自身が晩年に描いた自分の墓石の絵図や、羅針盤、すずり箱などの遺品も展示され、往年の回収を偲び、親しみを感じられるような展示もあります。

2階にはタッチパネルで勝に関するクイズを解いたり、洗足池の魅力を紹介したりするゾーンも設置されています。

勝海舟の曽祖父・米山検校は越後柏崎の出身ですし、収蔵資料に関しては現在整理中のものもあるそうですが、井上円了など、筆者が活動拠点としている越後ゆかりの人物からの書簡なども、今後の整理次第では公開される可能性があるそうです。勝海舟と地方の政治家・文人たちとのつながりが、さらに明らかになりそうですね。

入場料は一般300円、小中学生100円

館の敷地内には勝海舟夫婦の眠る墓もあります。海舟の愛した洗足池に想いを馳せながら、館内周辺も散策してみてもよいかもしれませんね。

勝海舟記念館

 

参考:大田区ホームページ

関連画像