9月9、10日に神奈川県秦野市「元湯 陣屋」で第60期王位戦七番勝負第6局が行われ、挑戦者の木村一基九段が豊島将之王位を下しました。これで対戦成績は3勝3敗となり、王位のタイトルの行方は最終第7局の結果次第、ということになりました。
木村一基九段が勝ち王位戦はフルセット

豊島将之王位はイメージは「覚醒した天才」。昨年から棋聖、王位、名人の3タイトルを立て続けに奪取、その後棋聖は奪われたものの竜王戦では挑戦者になるなど今最も勢いのあるトップ棋士です。

一方、木村一基九段のイメージは「苦労人」。これまでタイトル戦に登場すること6回。その中で「この一局に勝てばタイトル獲得」という対局が8回ありましたが、その全てで敗れ、惜しくも獲得に至っていません。しかし木村九段の座右の銘は「百折不撓」(=何度失敗しても信念を曲げないこと)。その言葉通り、7回目のタイトル挑戦となるこの王位戦で9回目の「この一局に勝てばタイトル獲得」の一番にまでたどり着いたのです。その苦難多き棋士人生に加え、「千駄ヶ谷の受け師」と言われる守備を得意とする独特の棋風や、大盤解説での語り口の面白さから将棋ファンに絶大な人気を誇る木村九段。若きタイトルホルダー・豊島将之王位を応援する声ももちろん多いですが、「木村九段にタイトルを」と願っているファンも多くいます。

豊島王位の初防衛か、木村九段の悲願の初タイトルか。将棋ファン大注目、運命の第7局は9月25、26日に東京都千代田区「都市センターホテル」で行われます。
(将棋情報局)

画像提供:マイナビニュース