詳細画像はこちら

過激なエアロでテスト中

ポルシェは718ケイマンGT4のよりハードコア版である「RS」のテストを行なっているようだ。この前日には、ポルシェスポーツカー部門のトップがこのモデルへの期待を明かしていた。

ニュルブルクリンク外側の公道で確認されたGT4のプロトタイプは、ボディワークにいくつかの変更が確認できた。

詳細画像はこちら
ポルシェ718ケイマンGT4 RS

フロントにはGT2RSにも似たNACAダクト付きのボンネットが取りつけられ、サイドやリアのクオータガラスは冷却口に置き換えられていた。

最も大きな変更点は、大型の専用マウントに取りつけられたリアスポイラーだ。これが市販型にも使われるかはわからないが、おそらくさまざまなウイング形状をテストするために使われているものだろう。


ポルシェの記事
ポルシェ718ケイマンGT4 RS テスト車を目撃 さらなるハードコアに
ポルシェ718 EV仕様も検討中 キャラクターを最重視
ポルシェ718ケイマンGT4 「RS」の追加に開発者は前向き ただしリソース次第
改良新型ポルシェ・マカン・ターボ 実車/内装を撮影 ドイツ価格は邦貨1090万円

ポルシェ718ケイマンGT4 RS テスト車を目撃 さらなるハードコアに