JTは10月1日より、低温加熱型のたばこデバイスプルーム・テック」をバージョンアップした「プルーム・テック・スターターキット・1.5」(3,000円)を全国で販売開始する。

また同日より、スターターキットに含まれる「プルーム・テック・バッテリー・1.5」(1,600円)、「プルーム・テック・USBチャージャー1.5」(900円)もそれぞれ単体で販売開始するとのこと。

プルーム・テック」は、たばこ葉を燃やさず、高温で直接加熱もしないJT独自の“低温加熱方式”により、紙巻たばこに比べニオイの発生を大幅に減少させ、クリアたばこの味わいを楽しめるとして人気を博している加熱式たばこデバイス

同製品はこのほど、旧バージョン(Ver.1.25)から新バージョン(Ver.1.5)に進化を遂げた。仕様が変更された点は以下の通り。

・充電時間を短縮
約90分から約60分に短縮(※バッテリーUSBチャージャーともに新バージョン使用の場合、充電時間が約1.5倍向上)
・電池残量インディケータ搭載
電池残量20%でLEDが紫色に変化
LEDの視認性アップ
バッテリー全長が1.5mm増加
USBチャージャーのフル充電時のLED色が白色から青色に変更

プルーム・テック・スターターキット・1.5」に含まれる、バージョンアップされた「プルーム・テック・バッテリー・1.5」と、新バージョンの充電に対応する「プルーム・テック・USBチャージャー1.5」もそれぞれ単体で発売。充電時間を短縮したいというユーザーはもちろん、バッテリーを複数持ちたいというユーザーのニーズにも応える。

しかし、「プルーム・テック・USBチャージャー1.5」を使用して旧バージョンバッテリーを充電すると、1回の充電でフル充電にならない可能性があるため注意が必要とのこと。また、旧バージョンUSBチャージャーを使用して新バージョンバッテリーを充電した場合、充電時間は従来通りの90分となる。旧バージョンバッテリーを充電する際は、USBチャージャーも旧バージョンのものを使用するのがお勧めだという。

10月1日以降、新バージョン(Ver.1.5)の「プルーム・テック」発売にともない、旧バージョン(Ver.1.25)の「プルーム・テック・スターターキット」「プルーム・テック・バッテリー」の希望小売価格は以下の通り改定される。

プルーム・テック・スターターキット」
プルーム・テック・スターターキット・ホワイト
旧価格(~2019年9月30日):3,000円→新価格(2019年10月1日):2,000円

プルーム・テック・バッテリー
プルーム・テック・バッテリーホワイト
旧価格(~2019年9月30日):1,500円→新価格(2019年10月1日):1,000円

なお、旧バージョン(Ver.1.25)の「プルーム・テック・スターターキット」「プルーム・テック・バッテリー」は10月以降、在庫売り尽くしをもって販売終了となる(全国Ploom専門店、PloomオンラインショップおよびJT公式Ploom楽天市場店においては、2019年9月30日をもって販売終了)。

※価格はすべて税込
(MN ワーク&ライフ編集部)

画像提供:マイナビニュース