漫画家イラストレーターのごえたむさんが、人の名前を覚えられない実体験を描いた漫画『人の名前が頭に入ってこない』に共感が集まっています。

【その他の画像】

 自己紹介で名前を名乗り合ったその瞬間に相手の名前を忘れてしまうことが続いたというごえたむさん。次は絶対に忘れないようにと、相手の名前に全力で集中します。自己紹介をされた直後は心の中で相手の名前を反復することで覚えられるのですが、いつしか話に夢中になり、ふと気を抜くと、名前を忘れてしまっている……! そして、その人と話した内容は覚えているのに、名前だけが覚えられない思い出になってしまうのです。なんでや!(分かる)

 そんなごえたむさんですが、最近ではその回避策として、「すみません 名前覚えるの苦手で……」と最初から相手に伝えてしまい、その場でメモをさせてもらっているのだそうです。

 その場で相手に名前を聞き返すのはなかなか難しいことが多いと思いますが、ごえたむさんのように正直に伝えてメモさせてもらうのはいいアイデアかもしれません。いずれにせよ、逆の立場からしても、きちんと覚えてくれようとしている姿勢が分かれば、不快に思われることもないはず。

 この漫画の読者からは「名前覚えられないのあるあるすぎて泣ける」「スッゴいわかる。顔と話した内容は覚えてるのに名前だけが出てこないのよね」「『○○さんはそうなんですね!』とかいう感じで名前を言いながら会話すると少し忘れにくいと最近気づきました」「“苗字は存じているのですが、お名前の方を失念してしまいまして・・。(すごく申し訳なさそうに) ”これで失礼ダメージ100%から65%に軽減できます」「正直に覚えるの苦手ですって言って、メモするの素敵だと思います!」など同じ経験をしている人やこんな対策をしているというコメントが集まっています。

画像提供:ごえたむ(@egoegoe)さん

自己紹介で名前が覚えられない