CODE VEIN』ブース/バンダイナムコ Photo: ギズモード・ジャパン

幕張メッセで本日9月12日~15日の4日間にわたって開催される、ゲームの祭典「東京ゲームショウ2019(TGS2019)」。ビジネスデイである初日はどんな感じだったのか、さっとまわってみましたよ。

サイバーパンク2077

Photo: ギズモード・ジャパン

まずはここ。『サイバーパンク 2077』ブース。TGSでは基本的にソニーとかセガとか発売元の名前でブースを出すのですが、コイツタイトル単独で1つのブースを形成するというストロンスタイル(ちなみに日本での発売元はスパイク・チュンソフト)。スタイルは実像をしのぐ。態度がすべてさ。

エッジってこういうことさ。RPG『サイバーパンク2077』ブースがエッジ #TGS2019

ソニー

Photo: ギズモード・ジャパン

Photo: ギズモード・ジャパン

ソニーブースは『DEATH STRANDING』の映像出典や『コール オブ デューテモダン・ウォーフェア』の試遊が人気。

モバイルにも力を入れていて、Xperiaのブースではバトルロイヤル系のタイトルの試遊ができるようになっていました。

セガ・アトラス

Photo: ギズモード・ジャパン

セガ・アトラスブース。セガとしてはまさかのRPGとなった『龍が如く7』、ひっさしぶりの『新サクラ大戦』が目玉。『マリオ&ソニック』の五輪関連タイトル存在感ありますね。

ペルソナ5 ロイヤルコーナーにあったアルセーヌ等身大(?)スタチューがデカイ。この下に立ってペルソナ召喚ごっこできそう

コナミ

Photo: ギズモード・ジャパン

魂斗羅 ローグコープス』『ウィニングイレブン』最新作がどーんと配置。とくに『魂斗羅』はマッチョメンがコンパニオンとして採用されていてめっちゃ圧ありました。

カプコン

Photo: ギズモード・ジャパン

モンスターハンター ワールド アイスボーン』やバイオハザードシリーズの新タイトルProject RESISTANCE』の試遊が人気。

Photo: ギズモード・ジャパン

直接は関係ないんですけど『ロックマン・ゼロ』シリーズを手掛けたインティ・クリエイツの新作、気になります!

スクウェア・エニックス

Photo: ギズモード・ジャパン

アベンジャーズ』のゲーム化をはじめ、『ファイナルファンタジー VII リメイク』『ドラゴンクエスト XI 過ぎ去りし時を求めてS』などRPGビッグタイトルが勢ぞろい。『FF VII リメイク』の試遊がとにかく人気なんですけど、Playstationブースにも試遊機があるのでそっちをあたってみるのもいかもですね。

コーエーテクモ

Photo: ギズモード・ジャパン

ブースとしてはやや小ぶりでしたが、存在感があったのは『仁王2』と『ライザのアトリエ』。

バンダイナムコ

Photo: ギズモード・ジャパン

ガンダム』『ドラゴンボール』といったキャラクターものが多いので、展示もやっぱりキャラクター中心。ガンダムワンピースフィギュアがあちこちに置いてあります。オジリナルの『CODEVEIN』はコスプレイヤーさんを置くという力の入れよう。

ドコモ

会場のあちこちに5Gのバナーを出し、存在感を放っていたドコモの5Gブース。5G通信を使ったゲームプレイのデモが展示されています。これ、けっこう未来感ありますよ!

TGSドコモブースでAR『スト5』観戦! プレイを回り込んで見る体験、新しい! #TGS2019

ハードウェア・メーカーズ

HP OMEN Photo: ギズモード・ジャパン

DELL ALIENWARE Photo: ギズモード・ジャパン

Lenovo LEGION Photo: ギズモード・ジャパン

MSI Photo: ギズモード・ジャパン

Samsung SSD Photo: ギズモード・ジャパン

家庭用ゲームとは一味違う、ゲーム用PCやそのパーツを扱うメーカーもたくさんブースをかまえています。エントリー機でも20万、ハイエンドだと40万超えも珍しくないカテゴリだけあって、グラフィックの美しさ、動きの滑らかさは折り紙付き。いちど味わうともう普通のゲーム環境では物足りなくなる、禁断の果実ですよ。

展示ホール9~11

ゲームメーカーの並ぶホール1~8とは別の建物にあるホール9~11。VR/ARコーナーや、インディーズゲームメーカーが集まるコーナーが群雄割拠していてめっちゃ盛況でした。e-スポーツの会場は試合があるのが週末になるのでガラガラでした。

Photo: ギズモード・ジャパン Photo: ギズモード・ジャパン Photo: ギズモード・ジャパン Photo: ギズモード・ジャパン