「ヤフーは今まで広告事業がメインだったが、EC(ネット通販)事業も大きな柱にし、収益のドライバーにしたい。その戦略に即して、ZOZOとの資本・業務提携を決めた」。ヤフー社長の川邊健太郎氏は、9月12日に開いた記者会見でこう説明した。

【その他の画像】

 ヤフーは同日、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」運営元のZOZOを買収する方針を発表。10月上旬をめどに株式公開買い付けTOB)を行い、約4000億円を投じて株式の約50.1%を取得し、連結子会社化を目指す。ZOZO創業者の前澤友作氏は同日付で代表取締役社長を退任し、今後は「新しい道へ進む」という。後任には前取締役の澤田宏太郎氏が就いた。

 会見には川邊氏、澤田氏、前澤氏が登壇。提携を決めた背景と、それぞれの胸の内を語った。

ヤフー川邊社長「楽天・Amazonを超える」

 川邊氏は、ZOZOを買収する主な理由として(1)ヤフーが今秋オープン予定の新しいECサイトPayPayモール」にZOZOTOWNを出店させることで高い送客効果が見込めること、(2)EC事業の購入者数・取扱高・営業利益の大幅な伸びが期待できること――の2点を挙げる。

 「Yahoo!ショッピング」など、ヤフーが運営するECサイトは現在、30~40代のユーザーが中心。一方のZOZOTOWNは、20代の若年層が中心だ。今後ヤフーはZOZOTOWNに出店中のブランドと交渉し、PayPayモールへの出店を依頼する予定。同サイトの品ぞろえを強化し、手薄だった若年層の獲得を図っていくという。

 両社の2018年度の年間取扱高は、ヤフーのEC事業が1兆8700億円、ZOZOが3231億円。市場の平均を上回る水準で伸長しているといい、「合算すると2兆円を超えるが、色んなシナジー効果によって(合算値以上に)取扱高を爆増させる」と川邊社長は意気込んだ。

 また、両社の19年度の営業利益見通し(EC事業のみ)は、ヤフーが約700億円、ZOZOが約320億円。これらの合算値は、ヤフーの18年度の営業利益(同)の1.8倍に上るといい、川邊社長はこれについても「シナジーを効かせれば、もっともっと営業利益を出せる」と強調した。

 19年度にこれらの数値を達成した上で、今後も順調に伸び続けた場合は「国内EC事業者でナンバーワンが現実的になってくる」(川邊社長)という。

 市場トップという目標は20年代前半での達成を目指すといい、「本当に達成するの? 楽天やAmazonは強いんじゃないの? と思われるかもしれないが、かなり現実的に手が届きつつある」と川邊社長は自信をのぞかせた。

 実現に向け、今後はZOZOTOWNへのモバイル決済サービスPayPay」導入、ZOZOの古着通販サイト「ZOZOUSED」やファッションコーディネートアプリ「WEAR」との連携といった施策も検討しているという。

●ZOZO澤田新社長「前澤体制はトップダウン経営だった」

 ZOZOの社長に就任した澤田氏は、コンサルタンティング会社などを経て08年にスタートトゥデイ(当時)に入社し、ZOZOTOWNの事業責任者を長く担ってきた人物。会見では「私はリアリストで、『ニュートラル』『安定感』がモットー。前澤と真逆ですね」と自己紹介した。

 ヤフー傘下に入ることを決めた理由については、「前澤は既成概念をぶっ壊して進んでいくカリスマ経営者だった。その結果として、今のZOZOがあるというのは事実。だが会社はすごく大きくなり、業界・社会に与える影響も大きくなった。今は革新だけでなく、安定感が重要だ。安定的に成長するためのパートナーとして、ヤフーベストだと判断した」と説明した。

 今後の具体的な経営ビジョンは明かさなかったが、「前澤によるトップダウンの経営から、社員1人1人の力を生かす経営にする」という。

 澤田氏は「今のZOZOは、前澤の強烈なインスピレーションリーダーシップで作り上げてきた。だが、それに振り回されながら、社員たちは地に足を付けて、事業を磨き上げてきた。華やかな経営者の裏で、足場を固めることが大事であることを私たちは知っている。それこそが私たちにとって誇れるものであり、非常に大きな武器だ」と説明。前澤氏の方針とは異なり、堅実な路線を進むことを明言した。

●ZOZO前澤前社長「夢のような時間だった」

 苦楽を共にした澤田氏の「トップダウンの経営だった」という説明を受け、前澤前社長は「自分自身でもそう思う節はある。僕は自分の好きなことを仕事にしたいという思いで突っ走ってきた。MBA(経営学修士)など、難しい勉強をしたわけではない。好きなことを突き詰めていたら、気付いたら社長になり、上場までしてしまった。本当に夢のような時間だった」と打ち明ける。

 「僕の経営手法は感性に基づいている。時代の匂いや皆さんの動きや考え方、雰囲気を野性的に感じ取って事業に生かすが、時に読み違えるし、調子が悪い時は失敗する。(現場スタッフの)チーム力、総合力も生かし切れていなかった。現場の裁量を十分に与えてこなかった。抜本的に変わるタイミングだった」と、これまでの経営を振り返った。

 前澤氏が「変わるタイミングだった」と考えていた理由は、今のZOZOにはいくつかの課題があり、現状のままでは解決が難しいためだ。ZOZOTOWNをはじめとする同社サービスは、ファッション好きの若者がメインの顧客で、服に興味がない層や30代以上の年齢層を獲得できていなかった。さらなる成長に向けては顧客基盤の拡大が不可欠であるため、新社長によるロジカルな経営のもとでヤフーと提携し、「ヤフーとZOZOでお互いの弱点を補い合い、強いところを伸ばせるような関係になれればいい」と判断したという。

●辞任を決めたのは9月に入ってから 今後は月旅行の準備と起業に専念

 ヤフーとの話し合いは以前から進めていたが、辞任を決めたのは9月に入ってからだという。前澤氏は「冷静に客観的に考えて、僕よりいい新社長がすぐそばにいたことに気付いた。ZOZOに何が必要かを考えた時に、僕が退くべきだという結論に至った。ヤフー側からは続投を要請されていたが、自分の野性的な勘で『居座ってもいいことはない。きれいに潔くすべきだ』と感じたので退任を決めた」と説明した。

 前澤氏は12日、Twitter上に「新社長に今後のZOZOを託し、僕自身は新たな道へ進みます」と投稿していた。会見で明かしたところによると、進む道とは「月旅行の準備と新しい事業の立ち上げ」だという。

 「23年に民間人初の月旅行に行く」という目標を掲げていた前澤氏。今後は実現に向けて、宇宙飛行士の指導のもとで訓練や準備をしたり、英語やロシア語を学んだりするという。「月に行く前に一回宇宙に行く。近場に行く」と、23年に先駆けて短い距離での宇宙旅行を行うことも明かした。

 起業後の事業プランは未定だというが、「ただもうかるだけのビジネスはやりたくない。ZOZO時代のようにアパレル一本ではなく、複数の事業を並行して進める。(月旅行とビジネスという)2つの道をこれから一生懸命に生きていきたい」と語った。ただ、今後もこれまでの自由な生き方を変えるつもりはないといい、「43歳になり人生は折り返し地点だが、世界平和というビジョンを持ったまま、いかがわしくロックな魂を持ったまま生きたい」と話した。

●まるで結婚のよう

 提携に至った理由と今後の展望を、会見でオープンに語った3氏。前澤氏はヤフーとZOZOの提携を「まるで結婚のようだ」と評したが、EC領域で先行する楽天やアマゾンジャパンに追い付くために若者客を取り込み、取扱高と営業利益を伸ばしたいヤフーと、現在の事業に限界を感じ、顧客基盤を拡大したかったZOZOにとって、互いにベストな相手だったようだ。

 また、前澤氏に長年仕える中で、トップダウン経営の良い面・悪い面を目の当たりにしてきた澤田氏と、ZOZOを創業して大きく成長させた一方、昨今は初代「ZOZOSUIT」の開発失敗に伴って損失を計上したり、「ZOZOARIGATO」セール実施による一部ブランドの“ZOZO離れ”を招いたりと失敗も目立ち始めていた前澤氏。前澤氏の月旅行への関心が高まっていたこともあり、両氏もこのタイミングでの社長交代がベストだと判断したとみられる。

 こうした思惑が絡みあい、今回のビッグディールが実現した。ヤフーは今夏、子会社アスクルとの対立が表面化し、少数株主と支配株主との利益相反が取り沙汰されたが、川邊社長はZOZOとの提携においては「全ての株主と同じ目線で、ZOZOの価値をいかに最大化できるかを考えたい」と“親密路線”を貫く構えを見せた。

 これからZOZOを率いる澤田氏は、会見の最後に「創業者が去るということは、小さいことではない。そういう時だからこそ、臆することなく、養ってきた底力や挑戦心、アイデアを生かしていきたい。ヤフーの力を生かしながら、ZOZOという会社を磨き上げていく。それが使命だと思っている」と力強く語った。

●「Let's Start Today

 自ら生んだZOZOを去る前澤氏は、時折言葉を詰まらせながら「社員は家族だと思って21年間やってきた。今日(辞任を告げた時の)社員の顔を思い浮かべると、胸が締め付けられる」と心境を吐露。

 「Let's Start Today」と書かれたTシャツを指さしながら、「毎日毎日が新しい始まり。(旧社名でもある)スタートトゥデイは、ZOZOにとっては非常に重要な名前だし、僕にとっても大切。ここにきて、別々の道を歩むことになったが、このシンプルな考え方を基に、これからも互いに一歩一歩、新しい人生を楽しんで生きていけたらいいな」と話した。

ヤフーの川邊健太郎社長(=左)、ZOZOの澤田宏太郎新社長(=中央)、ZOZOの前澤友作前社長(=右)