劇団EXILE小野塚勇人が、10月4日(金)公開の映画「東京ワイン会ピープル」に出演する。

【写真を見る】小野塚勇人に映画やワイン、女性へのアプローチ、さらにドラマ「渡る世間は鬼ばかり」についてなど、さまざまなことを聞いた

小野塚が演じるのは、若き実業家・織田一志。単独映画初出演となる乃木坂46・松村沙友理が演じるOL・桜木紫野とワイン会で出会い、意気投合するも、織田の逮捕によって離れ離れになって…と、ワイン会を通じて出会った男女の恋の行方も気になるストーリーとなっている。

公開を前に小野塚インタビューを実施。理想のデートプランや女性のタイプ、恋愛観など恋にまつわることも聞くと、超庶民派な素顔が見えてきた。

ワインは「映画をきっかけに好きに」

――小野塚さんは本作を撮る前、ワインに対する知識がありましたか?

全然なかったので、撮影前にワインソムリエの方に教えていただいたり、事前にワイン会に参加させてもらって、いろんな方の協力の元、撮影に臨みました。抜栓は、ただ開けるのではなくて、手先の神経を行きわたらせて、スマートに開けないといけないので、それはもう練習するしかないなって。撮影に入る前には、練習で40本ぐらいは開けましたね。

――元々ワインが好きだったわけではないんですね。

映画をきっかけに好きになりました。今では買って飲むようになって、監修で入ってくださった方とは「どれがおいしいですか?」と聞いたりして、今でも教えてもらっています。

気持ちよく酔っ払えるので、それがいいかなって。今まではワインに触れてこなくて、頭が痛くなるイメージが先行しちゃっていたんですよ、全然そんなことはないのに。

――普段よく飲むお酒は?

ビールハイボール、焼酎系…とかですかね。

■ サプライズは苦手

――社長役ということで、どんな役づくりをしましたか?

年齢が上の、上場企業の社長。どうしたらいいのかって最初は悩んで、IT社長の講演を映像で見たり、自己啓発本を読んだりしました。自分の知識として、そういう人のしゃべり方や考え方、どういう姿勢で仕事に臨んでいるのかっていう感覚を知っておくだけでもいいかなぁと思って。ちょっと頭が良くなった気になりました(笑)

――最近は起業家がテレビコメンテーターをしたり、ベストセラー本を出版して、多方面で大活躍ですもんね。

ホリエモン(堀江貴文)さんなんかは、最初は「何これ?」と思われるような話題を起こすとか、そのはみ出し方が勉強になりましたね。SHOWROOMの前田(裕二)さんは、年も近いので「織田っぽい要素があるかなぁ」って。そういう人のしゃべり方、雰囲気を参考にして、自分なりに織田に近づけていった部分もあります。

――織田は真摯で一途で、普通の感覚を忘れない好感度抜群の社長さんです。自分と似ている部分はありましたか?

いやぁ、全然です(苦笑)。僕は欠点だらけですから。サプライズというのが、するのもされるのもすごく苦手で、夜景がきれいなレストランとかも知らないですし。おいしいと思えるものを一緒に食べて、おいしいと思ってもらえる方が好きで、それが小汚い料理屋でもいいんです。

僕はどちらかといえば、大衆的なお店や定食が好きなので、そういうところでも嫌な顔せず、一緒にいてくれる方がすてきだなって思ってしまいます。

記念日や誕生日は頑張ろうと思うんですけど、サプライズが苦手なので、そういう部分では織田とかけ離れていますね。

――織田は紫野に積極的にアプローチをしていきますよね。この部分はいかがでしょう?

昔は自分からガンガンいく方だったんですけど、今は一人でいる時間が好き。自分と相手のペースがうまくかみ合えばいいと思うんですけど、ちょっとでも「無理してんなぁ、自分」って思いだすと、相手に踏みこんでいきづらいかもしれないですね。

若いころはそれこそ見た目とか、「付き合いたい」だけの原動力でいけたんですけど、20代後半になるといけなくなっていました。

■ “渡鬼”出演で「貴重な経験」

――9月16日(月)には出演される橋田壽賀子さんのドラマ渡る世間は鬼ばかり 3時間スペシャル2019」(夜8:00-10:57、TBS系)が放映されます。初の橋田作品はいかがでしたか?

せりふ量がとても多かったですし、大御所の俳優さんも多く、30年ぐらいやってきたドラマの世界観もありますし、スタッフさんも含めた輪がある中、一人だけポンって新人が飛びこんでいくので、リハーサルから相当緊張しました。いろんな先輩、監督さんからアドバイスをいただきながら、貴重な経験をさせていただいたなっていうのがあります。

――橋田さんの作品は、すさまじいせりふの量だと聞きます。

今風の言い回しにできる言葉が多いんですけど、そうすると橋田さんの世界観ではなくなってしまうので、一言一句その世界観にのっとっていくと、普段の自分が使っている言葉と違ったりする。(せりふは頭に)入りづらいんですけど、そこは気合いで入れ込んで、何回も呪文みたいに唱えて覚えました。

――国民的ドラマへの初挑戦は、やはり緊張の連続だったんですね。では最後に、映画公開に向けてのメッセージをお願いします。

ワインを知らなくても飲みたくなる映画だと思います。ワインって、もちろん高いのもあるんですけど、安くておいしいものもいっぱいあるので、臆することなく飲んでみてほしいと思います。

映画の中で「ワインは人と人をつなぐ魔法のパワーだ」と言っていますけど本当にその通りで、僕も打ち上げとかでワインを飲むとき、「せりふと同じだなぁ」と思うことがあります。

友だちとか恋人、家族とでもいいです。みんなと飲んで、絆を深め合ってくれたら、この映画が世に出る意味があるんじゃないかと思っています。(ザテレビジョン

映画「東京ワイン会ピープル」で若き実業家・織田一志を演じる小野塚勇人