gene1_e

PublicDomainPictures/pixabay

 国や地域により異なるが、近親交配はほとんどの社会でタブー視されており、非合法とみなすところも多い。

 しかし今回、オーストラリアの研究チームイギリスバイオバンク(UK Biobank)の遺伝情報を調査した結果、イギリスでは国内において13000人以上が「極端な近親交配」、つまり近親者の違法な性行為によって生まれていることが判明した。

 これは、親とその子供が近親交配して生まれた子供や、きょうだい間の性交により生まれた子供を示している。

 また、このような極端な近親交配で生まれた人々は、しばしば多くの健康問題を抱えており、社会全体と比較しても高い確率で様々な疾患のリスクを負っていることがわかった。

 論文を発表した研究者らは、「UKバイオバンクには水準の高い人のデータが偏って集められており、実際の数としてはっきりとした数字を出すことは困難であるが、過去の研究を裏付ける結果にはなった」と述べている。

―あわせて読みたい―

人類の終焉はデザイナーズベイビーによってもたらされる。子供の遺伝子操作によって人類の新種が誕生する可能性
自らの体を実験台に遺伝子編集を行う元NASAの生化学者。腕の筋肉の質量を変化させる注射を打つ
興味本位で遺伝子検査を行った結果、知りたくもない事実を知ってしまった10人の仰天エピソード
人間と動物の遺伝子を組み合わせた10のキメラ実験
世界初の遺伝子編集された人間の赤ちゃんが誕生したと主張する科学者。HIVに対する免疫を持つ(中国)

UKバイオバンクの456414人の遺伝情報が調査される

 オーストラリアのブリスベンにあるクイーンズランド大学の研究者たちは、生体試料を研究目的で保管する機関「UKバイオバンク(UK Biobank)」を使用して、456414人のヨーロッパの祖先を持つ匿名データの遺伝情報を調査し、イギリスにおける極端な近親交配の人数と、それにおける有病率を推定した。

 バイオバンクデータ分析によると、親とその子供が性行為をして生まれた子供や、きょうだい同士の性交により生まれた子供を「極端な近親交配」とすると、イギリス国内の13200人がその結果を示すDNAを持っていることを突き止めたという。

gene2_e


 この数字を基にすると、イギリス国内の3652人に1人の割合で近親交配が行われていることになり、データ上では125例が挙げられている。

 この結果は、「近親交配の確率は、イギリスでは5247人に1人」とある警察のデータ報告書の数字とは大きく異なっているようだ。

 ただし、調査結果はあくまでデータ分析による紙上の推定数字であり、実際にはもっと存在していると研究者らは主張している。

gene3_e


近親交配者で生まれた子供は有病率が高い


 研究者らは、イギリスにおける極度の近親交配率を調査した後、それが対象となる人の健康にどのような影響を及ぼすかもリサーチした。

 調査では、ほぼ50万人の生体サンプルからゲノムの10%以上の同型接合性が確認されている。同型接合性とは、対象とする遺伝子が、同じ遺伝子型のアレル(対立遺伝子)を持つ接合体、個体をもっている状態をいう。

 アメリカ遺伝医学大学のガイドラインによると、個人のDNA配列の10%以上が同型接合性である場合、極端な近親交配が疑われるとのことだ。

 そうした極端な関係により生まれた子供は、有病率が異常に高く、社会全体と比較しても44%の確率で肺機能や生殖能力の低下、認知機能および全ての疾患のリスクが高いことが判明した。

gene5_e

manduretorre/pixabay

有病率の推定値は低い可能性があるも、過去の研究結果の裏付けに


 この調査結果の論文は、9月3日に『Nature Communication』にて発表されているが、その中で研究者らは、次のように述べている。

イギリスバイオバンクは、健康で教育水準の高い個人のデータが過剰に収集されている傾向にある。従って、分析結果だけでは実際の数を推定することは困難だ。

重篤な健康被害を抱える近親交配者は、このバイオバンクデータ保存されていない可能性が高く、この調査結果の有病率の推定値は、実際よりも低い数値である可能性がある。


 ただ、過去の研究でも近親交配者とその有病率を調査したデータ結果が発表されており、少なくとも今回の調査は過去の結果を裏付けるものになったことが確実であるとしている。

References:Medical Xpressなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282351.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

ジェットコースター乗車中にミラクル発生。乗客のスマホが宙を飛ぶも、まさかのキャッチ(スペイン)
なぜ左利きになるのか?左利きの原因となるゲノム領域が特定される(英研究)
73歳女性、元気な双子の女児を帝王切開で出産。世界最高年齢の初産記録に(インド)
メキシコのアパート近くの埋め立て地から、行方不明者のものとみられる2千以上のバラバラになった人骨が発見される
サイコパスは生まれか?育ちか?脳科学的にみると通常の脳とは違いがあることが明らかに

―知るの紹介記事―

2100年前の墓から女性の遺骸と一緒にスマホそっくりの黒玉製の板が発見される(ロシア)
アインシュタインは「宇宙定数」を人生最大の過ちであると後悔したが、それでも傑出したアイデアだった
雑念が頭の中を占拠する。モンキーマインド(心猿)を沈める6つの方法
高地で生きるため、オオカミの遺伝子を受け継いだ犬、チベタン・マスティフ(米研究)
太陽光発電のソーラーパネルに予想外の効果が!パネルの下に日光が苦手な農作物の畑を作るとウィンウィンの関係に(米研究)
イギリスでは13000人以上が極端な近親交配の可能性。それが健康に及ぼす影響についても調査(オーストラリア研究)