台風15号首都圏に甚大な被害をもたらしてから、約1週間が過ぎた。それに合わせて、南から暖かく湿った空気が流れ込み、全国各地で気温が上昇している。

ビジネス ファッション
※画像はイメージです
 9月に入って暑さも一段落したかと思いきや、東京・名古屋・大阪などの都市部では再び35度を超える猛暑日が続いている。熱中症対策にも気をつけたいが、夜になっての寒暖差もあり、この時期は体温調節が特に難しい。

 そこで、すぐに使用できて、脱ぎ着もできるユニクロの買うべきアイテムベスト3を『ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』(WAVE出版)などの著書がある森井良行氏に選んでもらった(画像はオンラインショップより)。

3位:エクストラファインメリノVネックカーディガン(長袖)

 定番のウールカーデガン。日中の温度が高い今の季節は、Tシャツにストール感覚で(若い世代には馴染みがないかもしれませんが)プロデューサー巻きをしてもいいかもしれません。

 もちろん、プロデューサー巻き自体が流行しているわけではありませんが、2~3年前に「どこか懐かしくてオシャレ!」と若い世代にも再流行したことによって、その地位は随分と向上したように感じています。

 また、秋が深まって気温が下がってきた頃には、Tシャツの上に羽織ってあげましょう。カーディガンジャケットと異なり襟がないので、ハットを合わせてもキザに見えません。定番のカーディガンは、カリスマ美容師感覚で羽織ってみましょう。

2位:ポケッタブルパーカ

ポケッタブルパーカ
ポケッタブルパーカ ¥2,990 +消費税
 持ち運び簡単なファスナータイプパーカーは、ユニクロでもよく見掛ける定番アイテムのひとつです。生地の質感や厚みなど、さまざまな違いはありますが、今季、私が注目したパーカーがこの「ポケッタブルパーカ」です。

 ピックアップした理由は主に2つあります。1つ目は、極薄で軽量感があったことです。エアコンが効きすぎた屋内に重宝します。

 2つ目は、ファスナーを開けてきたときのフードの立ち上がりが収まり良かったことです。この手の薄手のファスナータイプチャックを下ろしたとき、フードの収まりが残念になりがちです。ところが、このパーカーは立ち上がりがキレイで、気に入りました。

 うまく着こなしたい人は、袖をたくし上げてこなれ感を出しましょう。パーカーの下に着るTシャツは、コントラストを弱め同系色で合わせてあげるとカジュアルすぎません。たとえば、グレーパーカーグレーTシャツや黒のパーカーに黒Tという具合です。

パーカー
グレーパーカーにはグレーTシャツを(撮影/筆者)

1位:ウルトラライトダウンコンパクトVネックベスト

 付属の巾着でコンパクトにまとめられるダウンベストは、ユニクロの秋冬定番として以前からあります。なんと、今季は内側についたスナップボタンによって、ベストの首型を変えることができるのです。

 深いVネック型は、テーラージャケットに合わせるジレのような印象です。たとえば、白Tシャツにジレを合わせる感覚で合わせられます。このとき、パンツの色とベストの色を近づけてあげると縦長のラインが強調されハマります。

 秋が深まり、肌寒くなってきたときには、昨今注目を集めるインナーダウンとして「ジャケットとシャツの間に挟むベスト」として活かせます。首型を変えるモデルは昨年レディースで見掛けていましたが、今年はメンズにも登場です。

TEXT/森井良行>

【森井良行】

株式会社エレガントカジュアル代表取締役。’79年 千葉県出身。のべ4000人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント。公式サイト「エレカジ」、メールマガジン「服のコンサルタント森井良行が伝える『好印象のレシピ』」随時更新中。著書『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』が10月18日発売予定

エクストラファインメリノVネックカーディガン(長袖) ¥3,990 +消費税