GfK Japanによるダウンロードソング売上レポートから、2019年9月9日9月11日の集計が明らかとなり、米津玄師の「馬と鹿」が27,621ダウンロード(DL)を売り上げて現在首位を走っている。

 2019年9月16日付(集計期間:2019年9月2日9月8日)のBillboard JAPANダウンロードソング・チャート“Download Songs”で、70,605 DLで4週連続1位を記録した「馬と鹿」は、今週前半で27,621DLを売り上げた。9月11日にはCDシングルリリースされたため、次週の“Download Songs”だけでなく、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”でもどのような結果となるのかに注目が集まっている。また米津は「Lemon」が4,702DLで現在5位、最新シングル収録の「でしょましょ」と「海の幽霊」がそれぞれ4,257DL、2,846DLで9位と18位に入っている。

 「馬と鹿」に続くのが、最新“Download Songs”で4位だったRADWIMPSの「愛にできることはまだあるかい」で、今週前半では5,491DLを売り上げている。チャート上位の定番曲が少しずつDL数の減少を見せる中、本曲の減少率は他楽曲と比べて低く、根強く人気が広がっていることが分かる。3位にはOfficial髭男dismの「Pretender」(5,420DL)、4位には最新“Download Songs”で初登場2位だったFictionJunction feat. LiSA「from the edge」(4,873DL)がついている。

 9月11日最終回を迎えた『偽装不倫』の主題歌であるmiletの「us」は、前週の前半3日間(9月2日9月4日)のそのDL数を上回る4,297DLを獲得し7位に浮上。9月8日最終話が放送された『あなたの番です-反撃編-』の主題歌の手塚翔太「会いたいよ」も前週前半3日間のDL数のおよそ倍となる4,129DLを獲得して10位に上昇している。最終回に向けたメディア露出とその注目の高さが相乗効果となって、DL数上昇に繋がったと言えるだろう。


Billboard JAPANダウンロードソング集計速報
2019年9月9日9月11日の集計)
1位「馬と鹿」米津玄師
2位「愛にできることはまだあるかいRADWIMPS
3位「Pretender」Official髭男dism
4位「from the edgeFictionJunction feat. LiSA
5位「Lemon米津玄師
6位「紅蓮華LiSA
7位「us」milet
8位「グランドエスケープ feat. 三浦透子」RADWIMPS
9位「でしょましょ」米津玄師
10位「会いたいよ」手塚翔太

Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成していますが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanデータによる推定値となります。

【先ヨミ・デジタル】米津玄師「馬と鹿」が2.7万でDLソング首位キープ、『あな番』『偽装不倫』主題歌上昇