文・取材:ミス・ユースケ

 僕が求めていたゲーミングメガネが出るぞー!


【画像9点】「ゲーミングメガネ“G-SQUARE”のユニセックスモデルがおしゃれだったので買います【TGS2019】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 東京ゲームショウ2019に、ゲーミングメガネ“G-SQUARE”を手掛けるニデックが出展。ブース内で10月中旬に発売予定の新製品が展示されていて、見た瞬間に購入を決めた。自動買いである。

 その新製品とは男女兼用の新型“G-SQUARE”

 メタルフレームとセルフレームの2タイプが用意され、レンズはG-SQUAREと同じグレーブラウンレッドの3色から選択可能(度付きにも対応)。予定価格は2万円前後だそうだ。

(※ニデックやG-SQUAREの詳細はこちらの記事をどうぞ

・ファミ通com 東京ゲームショウ2019特設サイト



 G-SQUAREはゲーム画面に集中できるように作られたメガネだ。

 まぶしさを軽減させ、コントラストを強調する自社開発レンズを採用。大きなディスプレーの端まで見やすいように、一般的なメガネと比べてもレンズ幅がやや広めになっている。

 個人的に、レンズの横幅がネックだった。僕の体型は全体的に軽量小型。G-SQUAREは一般的な成人男性を基準に作られているので、顔のサイズに合わなかったのだ。

 メガネにはファッションアイテムとしての側面もある。女子をターゲットにして、“おしゃれ”で“やや小さめ”の“ふだん使いしやすい”モデルを作ってほしいと、ずっと言い続けてきた(ニデックさんと初めて会ったときから)。


 新モデルはもともとのG-SQUAREと比べてレンズ幅がやや狭めで、デザインは知的な印象のあるボストンタイプ

 コーディネートに取り入れやすいので、女子も「かわいいー!」と手に取りやすいと思う。



 ブースではG-SQUAREを取り扱うコート事業部 事業部長の川合さんが接客していた。

 川合さんは少しずつG-SQUAREの知名度が上がっていると実感しているそうだ。eスポーツブームの後押しもあってか、ゲーム用やeスポーツ用を売り文句にする他社の製品も目に留まるようになってきた。

 機能性を推すゲーミングメガネが増える中、先駆者のニデックはデザイン方面にも目を向けた。新モデルゲームっぽさを前面に出すことなく、ふだん使いしやすいデザインに仕上がっていると思う。

 これには「eスポーツゲーム)が日常に馴染んできたからこそ、日常的に使いやすいメガネを」みたいな意図があるのではないか。そう勘ぐっている。


 いまはゲーマーかどうかなんて関係なく、誰でも気軽にゲームをする時代だ。それだけに、ゲーミングメガネに求められるのは「ふだん使いしやすさ」だと思う。どんなときでも眼を守ってくれたら安心だ。

 ときどきゲームは“すごくかっこいいもの”、“芸術的なもの”と神聖視される。気持ちはわかるが、個人的にはゲームは“日常的にそこにあるもの”であってほしい。

 G-SQUAREの新モデルは日常に寄り添ってくれそうだ。売れたらもっとデザインバリエーションが増えるはず。すでにつぎのモデル発表が楽しみになっている。