丸井グループクレジットカード事業会社である株式会社ポスカード(東京都中野区取締役社長:斎藤 義則)は、2019年9月20日(金)より、プライドハウス東京との新たな提携カードプライドハウス東京エポスカード」の募集をスタートいたします。
丸井グループの、誰も置き去りにしない「インクルージョン(包摂)」という考え方のもと、お客さまの年齢・性別・身体的特徴を超え、すべてのお客さまに喜んでいただける商品・サービス・店舗のあり方を追求する取り組みとして、このたびの提携が実現いたしました。

プライドハウス東京エポスカード
プライドハウス東京プリペイドカード
■『プライドハウス東京』とは
プライドハウスは、2010年に世界で初めて設置され、国際スポーツ大会の開催にあわせて、地元のNPO団体が主体となり、LGBTのアスリートや家族、サポーターの方たちが性的指向・性自認に関わらず安心して集い、交流のできる、年齢・国籍・SOGI(性的指向・性自認)を越えたホスピタリティ&情報発信施設です。
プライドハウス東京』は、セクターを超えた団体・個人・企業が連帯してLGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT)の情報発信を行う期間限定のホスピタリティ施設を設置し、多様性に関するさまざまなイベントコンテンツの提供をめざすプロジェクトです。
LGBTのアスリートや、その家族や友人、そして観戦者や開催地の参加者が、セクシュアリティを問わず自分らしく、多様性をテーマとしたさまざまなスポーツ大会やイベントを楽しめるように支援していくとともに、2020年レガシーとして、次世代のLGBTの若者が安心して集える、常設の居場所づくりに取り組みます。

今回はラグビーが盛り上がる秋、2019年9月20日(金)から11月4日(月・祝)まで、東京都渋谷区神宮前subaCOにて、期間限定の『プライドハウス東京2019』を開設いたします。
■「プライドハウス東京エポスカード」について
プライドハウス東京エポスカード」は、プライドハウス東京の主旨に賛同・共感されるお客さまに向けて発行するクレジットカードです。プリペイドカードも同デザインでご用意しております。アーティストである野老朝雄氏デザインのこのカードは、お客さまからデザインカードの発行料としていただく500円全額がプライドハウス東京へ寄付されます。また、カードのご利用実績に応じて付与されるエポスポイントも寄付に充てることができ、日常生活の中で誰もが簡単に、プライドハウス東京の持続可能な仕組みづくりやコミュニティの支援を実現できる機会を提供いたします。

プライドハウス東京エポスカード(クレジットカード)概要>
1.カード発行主体:エポスカード
2.名称:プライドハウス東京エポスカード
3.デザイン:1種類
4.年会費:永年無料
5.提携ブランドVisa
6.ポイントプログラムカードご利用に応じて貯まる「エポスポイント
7.入会特典: エポスカードお買物券2,000円相当を進呈
ウェブからご入会の場合は2,000円ポイントを進呈
8. 優待サービス(すべての種類のエポスカードで共通)
(1)割引きご優待
飲食店・テーマパークをはじめとする全国10,000以上のご優待施設(2019年3月現在)
(2)ポイントご優待
提携各社店舗(モンテローザ、ノジマアパホテルなど)のご利用でポイントアップ
ポイントアップサイト「たまるマーケット」利用でのボーナスポイント付与
(3)ライフステージサポート
カード会員限定保険、海外トラベルサービス、家賃支払い・保証人サービスほか
サービスの詳細はホームページにてご確認ください→https://www.eposcard.co.jp

プライドハウス東京エポスカード」の特設カウンターを設置
9月14日(土)より、有楽町マルイの店舗にて「プライドハウス東京エポスカード」の募集を先行して行います。 ※お申込いただいたカードのお渡しは2~3週間後となります

プライドハウス東京とエポスカードは、「プライドハウス東京エポスカード」の発行を通じて、LGBTを含むすべての方々が、「しあわせを感じられるインクルーシブで豊かな社会」の実現をめざしてまいります。

■ エポスカードの概要
■ 丸井グループの概要

配信元企業:株式会社丸井グループ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ