香港のデモ活動はまったく収束する気配を見せない。平和的な抗議運動も続いているが、いっぽうで多くのデモの前線では警官隊とデモ隊の双方による暴力的な行為がエスカレートしている。

 私自身も9月6日夜、デモ隊の強硬な抗議がなされていた旺角警署前でカメラを構えていたところ、10メートル足らずの至近距離から、警官隊にレミントンM870(散弾銃)でいきなり銃撃された。

 銃撃に使われたのは暴徒鎮圧用のビーンバッグ弾のようだが、当時の私は周囲の記者たちと同じく蛍光色の報道ベストを着ており、背後にデモ隊もいなかった。香港警察の暴力行使のハードルが著しく下がっているのは間違いない。

 いっぽう、デモ隊の抗議行動もエスカレートしている。上記の9月6日深夜には「香港を裏切った」としてデモ隊の恨みを買っている香港地下鉄MTRの駅が複数襲撃され、私自身も目の前で油麻地駅のガラスエレベーターが破壊される様子を見た。

 また9月8日には香港島の中心部で米国総領事館に対する平和的な請願デモがおこなわれた後、午後4時過ぎから破壊行為が発生。地下鉄セントラル駅の出入り口のガラスが粉々にされ、さらに火をつけて燃やされた。その後、警官隊との間で激しい衝突も発生している。

 過激な抗議行動には現地でも賛否両論がある。正直、「光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、時代を塗り替えろ)」を連呼してガラスが粉々になるたび歓声を上げる群衆の姿はかなりファナティックだ。しかし、ひとまず今回の記事では、デモ隊の行為の道義的な是非は論じず、激しい衝突現場の前線に立っている人たちの性質を深堀りしてみることにしたい。

「ヨソ者は街へ入るな!」

 激しい抗議行動をおこなうデモ隊の一派は「勇武派」と通称され、人数は数千~1万人程度と見られる(顔を隠しているので正確な人数は不明だ)。香港の街は普段は平和だが、夜間を中心にさまざまな場所でデモ隊と警官隊との衝突が突発的に発生する。ただ、実は衝突の発生地域によって、前線にいるデモ参加者の雰囲気や、現場での動き方はかなり異なっている。

 たとえば繁華街の旺角・太子近辺(東京でいうと池袋に相当)で平日夜に起きる衝突は、一般市民が学校・仕事帰りにそのまま戦線に加わっていると見られる。マスクで顔を隠していない人もいるほか、デモ隊のトレードマークである黒シャツを着用せず、私服の人もかなり多くいる。

 戦線が下町地区に移動すると、単に騒ぎを聞いて集まってきたらしき、腕に入れ墨がはいった地元のヤンキー風の男性が角材や木製バットを手に警官隊に突撃する姿も見られる(デモのイデオロギー以前に警察が嫌いなのだと思われる)。

 当然、群衆の動きは洗練されておらず、野次馬とデモ隊の区別も不鮮明だ。彼らは警官隊を「死全家(sei2 chyun4 ga1:一家まとめて死にくされ)」と煽ったり傘を投げたりしては、催涙弾やビーンバッグ弾を撃たれてワラワラと散っていく。

 いっぽう、香港中文大学のジャーナリズム・コミュニケーション学院講師の譚蕙芸(ヴィヴィアン・タム)氏に取材したところでは、市内中心部から外れた黄大仙・将軍澳など(東京でいうと北千住や小岩などに相当)で戦う人々は「デモ隊の若者グループとは異なる地域住民」だ。

 譚氏によれば彼らは歴史ある地域の古くからの住民たちで、大勢のヨソ者(=警官隊)が街へ入ることへの反発から、デモ隊に協力して戦っているらしい。別の人の証言によれば、新界(東京でいうと多摩地区に相当)の元朗や天水圍などで起きる衝突も、一部はある程度これと近い性質があるようだ。

おしゃれな”香港島の勇武派部隊

 いっぽう、特に週末の午後〜夜間に香港島の中心部(東京でいう銀座〜丸の内間に相当)などでおこなわれる大規模衝突は、旺角や黄大仙などとは異なり、デモ隊の動きや服装がかなり洗練されている。

 前回の記事でも書いたように、前線で火炎瓶を投げたり催涙弾を処理したりして攻撃・防衛をおこなう前衛部隊、旗を持って前進や撤退の指示を下す作戦部隊、中層部で敷石を破壊したり運搬したりする中衛部隊、後方で水などの物資を運ぶ後衛部隊……と、かなりきれいに分業がなされているのだ。

 こちらの中衛〜後衛部隊(前線にも多いが)を構成するのは、一般の学生や比較的低所得層の若年労働者とみられる人たちだ。彼らは普通の黒シャツ姿で、ヘルメットも工事用などの実用品を身に着けている。

 なかには黒のタンクトップホットパンツ姿で、防毒マスクを付けつつもおしゃれなコーディネートを決めている若い女性や、私物のカバンを持ったまま戦っている女子中高生などもいる。9月8日のセントラルでは、小学生とみられる男子児童がマスクで顔を隠しつつ路上の敷石の粉砕作業に従事している例すらあった。

デモ戦線を支える「謎の覆面コマンドー集団」

 だが、最前衛部隊を中心にちらほらと見られるのは、顔の部分以外の全身をぴっちりとした黒い布で覆った、スマートな体型で機敏かつ組織だった動作をおこなう特殊部隊のような若者たちの複数の集団だ(以下、「覆面部隊」と呼ぼう)。

 彼らは進撃・撤退やバリケード構築などをおそろしく手際よくこなすうえ、戦場慣れしているらしく銃声や催涙弾の着弾くらいではひるまない。分厚そうなヘルメットをかぶっている人や、手袋をしている人もいる。

 覆面部隊たちは警官隊と衝突するときも、怒りに任せて衝動的な行動に出る様子はまったくなく、淡々とした様子でミッションに従事している。彼らが前線に立つとデモ現場の雰囲気は一気に引き締まり、他の一般人参加者の動きもよくなるようだ。

 今回の香港デモには明確なリーダーがおらず、統括的な組織も存在しない。これは多くのデモ参加者や現地ジャーナリスト・研究者らに取材しても一致した意見であり、おそらく真実だ。だが、それならば、戦闘行為の「ガチ勢」とも言うべき覆面部隊は何者なのだろうか?

火炎瓶から催涙弾の消し方まで――なぜ熟知している?

 実は他にも、今回の香港デモの最前線では不思議な光景が数多く見られる。たとえばTwitterなどでは、警官隊が放った催涙弾に対して、デモ隊が水筒の水などを使って非常に手早く無効化処理をおこなう動画がいくつも投稿されている――。のだが、彼らはどこでそんな方法を知ったのだろうか?

 また、近ごろは着弾後の催涙弾をデモ隊がチェックし、使用期限が切れているものについては証拠を保存、健康問題を引き起こすとしてSNS上などで告発する動きも見られる。しかし、そもそも催涙弾に使用期限があること自体、一般人はまず知らない知識である。彼らはなぜ、そんなマニアックな事情を知っているのだろうか。

 加えて私が確認した限り、勇武派が集まるSNSコミュニティには、すくなくとも7月ごろから火炎瓶を作成する詳細なレシピが出回っている。

 8月31日の銅鑼湾などの衝突現場で観察した限り、この火炎瓶は着弾するとパッと燃え上がるいっぽうですぐに火が消え、あまりくすぶらない。市街地で投擲しても火事になりにくいという、戦闘フィールドTPOに合わせた謎の安全性を誇る優良兵器なのだ。

 ちなみに、火炎瓶の投げ手はかなりコントロールがよく、警官隊や報道陣に直接命中しない絶妙な場所に着弾させることが多い。覆面部隊は火炎瓶を攻撃の手段ではなく、警官隊の足止めや抗議意思の表明を目的にした防衛・示威兵器として使用する作戦方針を持ち、それをきっちり実行しているように見える。

香港デモ、最精鋭部隊の正体

 激化する香港のデモに対して、中国国内メディアは「外国勢力による扇動」というプロパガンダを流し続けている。実際のところ、これは仮に存在するとしても海外の反共派華僑を通じた資金援助くらいだろう。だが、統率が取れた動きをおこなう覆面部隊を見ていると、もしかして本当に第三国の軍事コマンドーが投入されているのではとすら思えてくる。

 ところが、現地で確認すると覆面部隊のメンバーは香港式の違和感のない広東語を話している。周囲の一般人のデモ隊も彼らを同胞として信頼しているらしく、いぶかしんだり恐れたりする様子はない。

 卓越した軍事知識と個々の戦場での戦術眼を持ち、統括組織がないにもかかわらず疑似組織化された一糸乱れぬ行動をおこない、しかも他の参加者からも仲間として認められている謎の香港デモ最精鋭部隊。彼らはいったい何者なのか?

――答えを書こう。それは、ただの「趣味の人」である。

「デモの前線には、直接の知人を含めてかなり大勢のサバイバルゲームサバゲー)愛好者グループメンバーが出ています。他に後方での物資支援部隊や救急支援にも、サバゲー愛好者たちがかかわっています。もちろん、前線にいる人(覆面部隊)の全員がそうであるわけではなく、普通の人もたくさんいますが」

 22歳の香港人サバゲー愛好者の男性・Z氏はそう証言する。実は香港デモミリタリーマニアサバゲー愛好者が多く加わっているという話は、私の現地取材の過程で複数の情報源から耳にしていた話だ。Z氏は言う。

「今回のデモが起きてから、親共的(親中国的)なメンバーを外したうえで、一部のサバゲーグループがデモに加わるようになりました。そのためか、夏休み期間は香港のサバゲーフィールドが賑わう季節なのですが、今年は明らかに閑古鳥が鳴いています」

香港ミリタリーショップはこう証言する

 香港において、いわゆる「ミリオタ」や「サバゲーオタ」の聖地として知られるのが、ミリタリーショップモデルガン販売店が軒を並べる旺角の広華街界隈である。私がこの街で聞き込みをおこなった複数店舗の経営者の証言を、以下に順不同で記しておこう。

「近年、香港のサバゲー愛好者はタオバオ(中国IT大手アリババが提供するオンラインモール)でグッズを買う傾向が強かった。ただ、今回のデモが始まってからデモ装備に転用できそうな商品をタオバオで買えなくなり、うちに買いにくるデモ隊らしき若者が出てきています」

「うちにもよくデモ隊の若者が来ますが、うちは本物の軍隊放出品を扱う店なので単価が高い。デモ隊の若者たちは使い捨てにできるような装備を安く欲しがっているらしく、うちの店で買う人はいませんね」

「うちの店でよく売れるのは、催涙ガスや唐辛子ガスを防げるゴーグルや、催涙弾を投げ返すための手袋などです。ただ、購入者はデモ隊に限らず、デモを取材する記者や、デモ隊に潜伏する目的を持った警察関係者らしき人物が買っていく例もあります」

中国人の客が大勢で来て『本物の銃や爆弾はないか』と聞いてきて閉口したことがあります。サバゲー用品店にそんなもの置いているわけないでしょう(笑)。どうやら香港内の親中派グループが、中国内地でデモ潰し要員のバイトを雇って連れてきているみたいですね」

「うちの店では、ヘルメットや腰につける救急バッグがよく売れます。ナイフなどで切りつけられないように、強化服を求める人もいますね。実は最も多いリクエストは、軍用の本格的な防毒マスクなのですが、うちが扱っているのはあくまでもサバゲー用のグッズ。お断りしています」

 サバゲー用のヘルメットや手袋は、最前線の勇武派の装備だ。もちろん購入したデモ参加者の全員がサバゲー愛好者ではないはずだが、愛好者たちも自分の本来の装備でデモの前線に出ると個人を特定される可能性があるため、新たに装備を購(あがな)っていると見られる。

 なお、広華街では現在のデモに対して「売上が減っている」「社会を乱している」と批判的な姿勢の店舗も多く、その他も大部分は中立的だ。デモ隊に積極的に協力している店舗がほとんど存在しないことは強調しておきたい。

人民解放軍で訓練を受けて、香港警察に立ち向かう?

 最後に当事者の証言を紹介したい。以下は個人特定を防ぐため、Z氏を含めた複数の香港人や現地在住者による証言をまとめて一問一答式に再編集したものである(ちなみに、デモの前線にサバゲー愛好者がまとまって参加していることを明確に証言したのはZ氏のみだ)。

――香港デモの前線における勇武派の戦術は、サバゲー愛好者が立案しているのでしょうか?

2014年雨傘革命以来、(サバゲーとは無関係の)勇武派自身が経験を積んできた面も大きい。また、ゲームと本気の戦いはまったく違うので、サバゲーの作戦がデモに直接的に転用できるかは疑問もある。ただ、一部の作戦についてはサバゲーの影響があるとみられる。

――催涙弾の鎮圧手法や有効期限の確認といった知識は、ミリタリーマニアの知識が反映されたものでしょうか。

◆ああ。その知識がシェアされ、一般のデモ隊にも知られるようになった。ほかに催涙弾対策についてはフランスの黄色ベストデモがかなり参考になっている。

――デモの最前線に出ているサバゲー愛好者はどういう人たちですか?

◆個人や数人程度の小さな愛好家グループバラバラに参加している。比較的、若いビギナープレーヤーが多い。現場指揮官クラスについてはベテランもいる。

――香港のミリタリーマニア人民解放軍の体験キャンプなどで、純然たる趣味として軍事経験を積んでいると、数年前に聞いたことがあります。そうした人もデモに加わっていますか?

◆デモ参加者との直接のかかわりはなんともいえない。ただ、趣味としてそういう経験を積む人はいる。香港に駐留する人民解放軍(駐港部隊)よりも、中国内地の解放軍のほうが政治教育が少なくて好まれているが、解放軍の体験キャンプは正規の軍事訓練がいまいち少ないのが問題点だ。熱烈なマニアアメリカに行って米軍の訓練を受ける人のほうが多い。

――今回の香港デモでは勇武派を中心に、デモ隊が強力なレーザーポインターを使って警官隊に反撃する例がかなりありますが、これはミリタリーマニアアイディアですか?

◆こちらは一般人アイディアだ。デモ隊が情報交換をするネット掲示板(『LIHKG討論区』)でシェアされた。

 聞き取りは以上だ。週末の香港島の衝突現場などで、一般参加者も含めてかなり統率が取れた動きが見られることはすでに書いた。ただ、彼らに対する全体の統率者は存在しないらしい。香港人は先進国水準の基礎教育を受けているため、周囲でテキパキと働いている人(=サバゲー愛好者)がいると、つられてテキパキと行動できてしまうのだ。これが香港デモ勇武派の「統率が取れた動き」の正体だと思われる。

オタク・ウォー」としての香港デモ

 本来は自由の街である香港は、日本に匹敵するアジア有数の趣味人天国であり、鉄道模型アニメアイドルなど各種各様のオタクが大量に存在する。デモ界隈でも、たとえば2014年雨傘革命学生運動リーダーだったジョシュアウォン(黄之鋒)はガンプラマニアだ。日本でも知名度が高いアグネスチョウ(周庭)が、日本アニメ好きであることも比較的よく知られている。

 Twitterなどで多数見られる、日本語を用いてデモ隊の主張を発信する大量の「文宣組(宣伝部隊)」にも、アニメゲーム日本語を覚えたオタクがかなり多く含まれている。また、雨傘革命や今回のデモでは非常に質の高い告知イラストや宣伝イラストが大量にネット上に流れているが、これらも「絵師」や「フォトショ職人」が個人的におこなったもののようだ。

 9月上旬には、有志のアーティストらによって通称「香港国歌」なるものが作られたが(『願栄光帰香港』)、こちらもまたたく間に、さらなる有志を通じてボーカロイドが歌う日本語版が作成された。

 オタクが持つ専門知識や特殊技能が、ときとしてプロを上回るパフォーマンスを発揮することはご存知のとおりだ。香港人の若者層が熱狂的に参加する今回のデモは、アニメオタク日本語で、フォトショ職人は宣伝イラストで……と、さまざまなオタクが秘められた能力を発揮する「オタク・ウォー」という性質がある。

 もちろんミリタリーマニアサバゲー愛好者も、他の分野のオタクたちと同じく、彼らが持つ軍事・警察知識や実地の戦場勘を提供することでデモに協力している(なので、ミリオタサバゲーオタが特に好戦的な傾向が強いというわけではない。もちろんデモに参加しない人たちも大勢いる)。

 趣味者革命、ここにあり。なんとも香港らしいデモの側面であると言っていい。  

※本稿の執筆・取材には軍事ライターの石動竜仁氏(Twitter;@dragoner)、台湾人翻訳者で軍事ライターの許哲睿氏(Twitter;@TsoJueiHsu)にご協力をいただいた。

写真=安田峰俊

「文藝春秋」10月号では、安田峰俊氏の香港デモ現地フルレポートを掲載している。

(安田 峰俊)

上記の動画撮影場所とは別の路上でデモ隊が示した、警官隊が発砲したビーンバッグ弾。布の袋に入っており殺傷力が弱められているとはいえ、中身は鳥撃ち用の散弾だ