<連載>スーパー玉出「激安メシ」の世界その21 文・写真 Met

大阪名物の激安スーパー「玉出」。1円セールなどでおなじみですが、値段だけでなく個性的な品揃えにも一見の価値アリ。そんな「玉出」のお惣菜コーナーを大阪在住の筆者が物色。B級グルメならぬ、「T(=玉出)級グルメ」の味をレポートします。

town20190912165624.jpg

今回見つけてきたのは「ベーコンステーキ」(税込138円)です。

食べたことはないのですが、名前の通りベーコンの塊を豪快に焼いたステーキのようですね。スーパーなどで売っているブロックベーコンに比べればかなりお手頃な値段ですが、果たしてどのような味がするのでしょうか。

肉の塊にかぶりつく
town20190912165638.jpg

ラップを開けてみると、大きなベーコンの下から千切りキャベツが出てきました。スーパー玉出のお惣菜に入っている付け合わせの千切りキャベツはいつも干からびているイメージですが、コレはまたみずみずしさを保っています。またケチャップも一袋入っていました。

town20190912165651.jpg

さっそく一口いただいてみましょう。よくあるベーコンらしくスパイスの効いた仕上がり。味もさることながら、箸で持ち上げるのもひと苦労なボリューム感に驚かされます。

town20190912165705.jpg

外はカリカリに焼かれていて、中はふっくらとしています。肉の繊維も程よく残っていて食べ応えがありました。イメージとしてはユニバーサルスタジオジャパンUSJ)で食べることができる「ターキーレッグ」に近いんじゃないでしょうか。

town20190912165721.jpg

付属のケチャップをつけてみましょう。フランクフルトに似た味わいもあるので、ケチャップとの相性は抜群。ほどよい酸味にますます食欲をそそられます。

town20190912165733.jpg

一部はとんでもない分厚さになっていました。やはり太ければ太いほど食感が凄まじくジューシーな味わい。こんな肉の塊にかぶりつける豪快さはなかなか体験できません。

ということで今回はスーパー玉出の「ベーコンステーキ」を紹介しました。

本当にターキーレッグを食べているかのような錯覚に陥る食べ応え。ステーキと名乗るだけある贅沢な商品に大満足です。大阪での観光といえばUSJがおなじみですが、スーパー玉出ベーコンステーキで「なんちゃって恐竜肉」を体験してみるのも面白いかもしれませんよ!

town20181128153412.jpg
筆者:Metくん新卒入社1年目であてもなく退職し、大阪市西成区へ移住。自分の生きかたを探りはじめた男が、ブログYouTubeを通して人生を「サイキドウ」させる日々をお届けします。ブログ人生サイキドウ通信!YouTubeチャンネル人生サイキドウ通信-Met-」趣味であるアイドルハロプロの現場レポなどもしてます。Twitter(@met_hell)