現地時間9月2日に今夏のヨーロッパ主要リーグの移籍市場が閉幕した。今夏の移籍市場においてはスペインオランダベルギーを中心に多くの日本人選手の海外移籍が実現することになった。

スペイン2部に名手集まる


今夏の日本人選手の移籍に関して大きく注目を集めたのは、日本代表の主力を担ってきた名手3人のスペイン2部への移籍。

昨季、プリメーラのヘタフェでプレーしていたMF柴崎岳チームクラブ最高位の5位フィニッシュを果たした一方、自身は守備的なチームスタイルの中で居場所を見つけられず、今夏新天地を求めることに。日本代表として臨んだコパ・アメリカで好アピールをみせ、プリメーラの他クラブスペイン国外への移籍の可能性も伝えられたが、新天地は昨季セグンダAで1部昇格プレーオフまで勝ち上がったデポルティボという意外な新天地となった。

一方、これまでドルトムントマンチェスター・ユナイテッドヨーロッパ屈指のビッグクラブプレーしてきたMF香川真司は、昨シーズン途中にトルコのベシクタシュへのレンタル移籍を経験し、上々のパフォーマンスを披露。今夏、一旦ドルトムントに復帰も退団決定的と報じられた中、ベシクタシュへの完全移籍やセルタ、ベティスなどへの移籍の可能性が伝えられていた。しかし、年俸面や移籍金の問題もあっていずれの移籍も実現せず。その中で以前からスペインでのプレーを希望し続けてきた同選手は、ここ数年プリメーラから遠ざかっているレアル・サラゴサという意外な選択肢を選んだ。

レスター加入1年目に奇跡のプレミアリーグ制覇に大きく貢献したFW岡崎慎司だが、ここ数年は完全にバックアッパーに甘んじて同クラブでのキャリア終焉を窺わせる状態が続いていた。そして、レスターとの契約が今夏に満了した同選手に関してはかつて活躍したブンデスリーガJリーグ復帰の可能性が伝えられたが、最終的に自身3カ国目となるスペインでのプレーを選択。だが、以前から7月30日に加入が決定したマラガでは以前から悪評が伝えられたオーナーの放漫経営の影響でリーグ機構から選手登録禁止処分を科され、公式戦でプレーできない状況が続いていた。これを受けて今月3日にクラブとの契約を解消し、同じセグンダのウエスカに電撃加入することになった。

いずれの選手もセグンダでプレーするのが惜しい名手ばかりだが、チームを昇格に導く印象的なパフォーマンスを披露し、プリメーラの舞台を目指してほしいところだ。

◆欧州屈指のビッグクラブ入りが実現!

前述の3選手のセグンダ挑戦と共に大きな話題を集めたのは、レアル・マドリーバルセロナマンチェスター・シティのメガクラブと、ポルトPSVというビッグクラブへの日本人選手の移籍だ。

過去には香川(ユナイテッド)、DF長友佑都(インテル)、FW本田圭佑(ミラン)、アーセン・ヴェンゲル監督との縁から数選手のアーセナル移籍という前例があったものの、今年1月のMF板倉滉のマンチェスター・シティ(即フローニンヘンにレンタル)をキッカケに日本人若手選手のビッグクラブ行きが加速。

今夏の移籍市場においてはFW久保建英とFW安部裕葵のレアル・マドリーバルセロナ移籍が決定。共にBチーム登録という将来の投資という意味合いでの補強であり、久保はマジョルカに武者修行に出ることになったが、世界的にインパクトを与える移籍となった。さらに、板倉と同じ形でFW食野亮太郎がシティ移籍を果たし、今季はイギリスの労働許可証の問題でハーツに武者修行に出ている。

一方、ポルトPSVクラブの格で大きく劣るものの、日本代表の主力を務め国外で着実に評価を高めてきたFW中島翔哉、FW堂安律がステップアップを果たした。中島に関しては1000ユーロ以上の移籍金に加えて背番号10が与えられ、堂安に関しても750万ユーロ程度の移籍金での加入となっており、今後はシビアな目で見られる中でポジション奪取を目指す。

また、前述のクラブとはネームバリューで大きな差はあるものの、シント=トロイデンからボローニャに加入したDF冨安健洋は守備の国で早くも高い評価を集めており、半年後あるいは1年後にビッグクラブへステップアップする可能性も期待できる。

◆15人の若武者が欧州初上陸!

前述の久保や安部、食野を含めて、今夏の移籍市場では15人のJリーガーが欧州初上陸を果たすことになった。

その内訳ではベルギー日本代表GKシュミットダニエルら5選手、オランダにFW中村敬斗、DF菅原由勢の2選手、ポルトガル日本代表DF安西幸輝ら3選手が加わることになった。

中村や菅原、安西は加入直後からポジションを掴んでおり、FW前田大然もマリティモで初ゴールを記録するなど、上々の滑り出しを見せている。

◆紆余曲折を経てJリーグに帰還
(c)J.LEAGUE PHOTOS

今夏、Jリーグから多くの若武者が欧州に旅立った一方、欧州からJリーグに復帰した選手も目立った。

中村や食野を海外へ送り出したガンバ大阪ではMF井手口陽介、FW宇佐美貴史生え抜き2選手が完全移籍で復帰することに。とりわけ、宇佐美バイエルンから当時J2にいたチームに復帰して以来、2度目の復帰となり、並々ならぬ思いで古巣復帰を決断している。共に全盛期パフォーマンスを取り戻すまでには至っていないが、定期的な出場機会を通じて完全復活を目指す。

また、ドイツで長年プレーしてきたDF酒井高徳ヴィッセル神戸ドイツベルギーで苦難を味わったMF関根貴大が古巣浦和レッズ、シント=トロイデンからの期限付き移籍という形で小池裕太が鹿島アントラーズに今夏加入している。

今夏の日本人選手の主な移籍一覧は以下の通り。

【今夏の日本人選手主な移籍】
◆GK
シュミットダニエル(仙台)→シント=トロイデン(ベルギー)

◆DF
冨安健洋(シント=トロイデン)→ボローニャ(イタリア)
安西幸輝(鹿島)→→ポルティモネンセ(ポルトガル)
小池龍太(柏)→ロケレン(ベルギー)
菅原由勢(名古屋)→AZ(オランダ)
ファン・ウェルメスケルケン・際(カンブール)→ズウォレ(オランダ)
ハーフナー・ニッキ(ヴィル)→トゥーン(スイス)
高橋壮也(広島)→エシルストゥーナ(スウェーデン)
酒井高徳(ハンブルガーSV)→神戸
小池裕太(シント=トロイデン)→鹿島

◆MF
香川真司(ドルトムント)→サラゴサ(スペイン)
柴崎岳(ヘタフェ)→デポルティボ(スペイン)
乾貴士(ベティス)→エイバル(スペイン)
鎌田大地(シント=トロイデン)→フランクフルト(ドイツ)
遠藤航(シント=トロイデン)→シュツットガルト(ドイツ)

小林祐希(ヘーレンフェーン)→ワースラント=ベフェレン(ベルギー)
天野純(横浜FM)→ロケレン(ベルギー)
三好康児(川崎F)→ロイヤル・アントワープ(ベルギー)
伊藤達哉(ハンブルガーSV)→シント=トロイデン(ベルギー)
藤原志龍(徳島)→ポルティモネンセ(ポルトガル)

サイ・ゴダード(ベネヴェント)→パフォス(キプロス)
宇佐美貴史(アウグスブルク)→G大阪
井手口陽介(リーズ)→G大阪
関根貴大(インゴルシュタット)→浦和

◆FW
久保建英(FC東京)→[レアル・マドリー]→マジョルカ(スペイン)
安部裕葵(鹿島)→バルセロナB(スペイン)
中島翔哉(アル・ドゥハイル)→ポルト(ポルトガル)
岡崎慎司(レスター)→[マラガ]→ウエスカ(スペイン)
前田大然(松本)→マリティモ(ポルトガル)

久保裕也(ニュルンベルク)→ヘント(ベルギー)
浅野拓磨(アーセナル)→パルチザン(セルビア)
鈴木優磨(鹿島)→シント=トロイデン(ベルギー)
中村敬斗(G大阪)→トゥベンテ(オランダ)
堂安律(フローニンヘン)→PSV(オランダ)

食野亮太郎(G大阪)→[マンチェスター・シティ]→ハーツ(スコットランド)
北川航也(清水)→ラピド・ウィーン(オーストリア)
奥川雅也(ホルシュタイン・キール)→ザルツブルク(オーストリア)
木下康介(シント=トロイデン)→スターベク(ノルウェー)
サムネイル画像