9月12日(木)~15日(日)に千葉・幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2019」のカプコンブースでこのほど、『プロジェクト レジスタンス』と『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の体験会が行われ、ゲーム好きな声優兼俳優の望月英さんにプレイしてもらった。

まずは、『プロジェクト レジスタンス』から紹介していきたい。同タイトルは、「バイオハザード」世界観を踏襲した非対称対戦サバイバルホラーゲームプレイヤーは、異形のゾンビクリーチャーがひしめくバイオシリーズでお馴染みの汚染都市・ラクーンシテイを舞台に、1人の「マスターマインド」と4人の「サバイバーにわかれて戦うことになる。

マスターマインド」は、様々な智謀を巡らせてサバイバーを殲滅すること、サバイバーマスターマインドの魔の手を掻い潜り、制限時間内にダンジョンから脱出することがそれぞれに課せられたミッション。なお、同作は現在開発進行中につき、今回はテストプレイということになる。

サバイバーは、むろん「共闘」がキーとなる。「ダメージ軽減」「近接攻撃」「回復」「ハッキング」と異なるスキルを持つ4タイプキャラクターを操作し、互いの弱点を補い合いながら生還を目指していく。実際に望月さんがプレイしている様子を見ると、インカムを通じて他のプレイヤーと積極的にコミュニケーションを取っているのが印象的だった。

一方のマスターマインドは、クリーチャートラップマップ上に配置し、時に自分自身がゾンビタイラントを操作してサバイバーに襲い掛かることができる。ブースの担当者さんは「『バイオハザードメーカー』みたいな感じで楽しんでいただけたら」「やってみると、自分がこんなにS気があったのかと気づかされますよ(笑)」とおっしゃっていた。

 

プレイ終了後、望月さんに感想を聞くと「今までの1対4の非対称対戦ゲームとは全く別モノと言っても良いかもしれません」とのこと。というのも、これまでの1対4の非対称対戦ゲームでは、「1」(マスターマインド)がキャラクターを1体操れるだけの場合が多く、そのため、他の4人に結託されると抗しがたかったのだが、今回は「トラップクリーチャーを配置する」というギミックが加わったことで、戦術的な幅が増えたと感じたそう。「なので、マスターマインドにはカードゲーム的面白さがありました」と望月さんは続ける。逆にサバイバー側に関しては「めちゃくちゃチームワークを使わないと勝てないかも」とも。

 

 

その後、カプコンブースもう一つの目玉である『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の体験コーナーへ。『モンスターハンター:ワールド』の大型拡張コンテンツとして9月6日に発売されたばかりの本作。注目はなんといっても、10月10日に無料アップデートで登場する予定の「金獅子 ラージャン」だ。

 

ブースの担当者さんにうかがうと、13日午前中時点でマルチプレイに約300人挑戦してラージャンをハントできた人数はわずか8名(4人1チームなので2組)。シングルプレイでは、SPICEチームが挑戦する直前に世界最速クリアが達成されたという。

 

実際にプレイが始まると、やはり鬼のように強い。動きは目で追うのが大変なほど俊敏で、攻撃は恐ろしいほどに強力。ちょっとかすっただけで大ダメージ、まともな一撃を二度ほど喰らえば致命傷は免れない。そんな規格外のモンスターラージャンに、望月さんとその場に居合わせた来場者、もといハンターたちは懸命に立ち向かう。

 

が、1戦目は即席チームゆえの連携の拙さからあえなく撃沈。2戦目はチームとしてのまとまりが生まれだし、あと1歩のところまで追いつめるも惜しいところで制限時間15分の時間切れ、ラスト3戦目も結局、打ち倒すことは敵わなかった。

 

惜しくもラージャンを仕留めきれなかった望月さん。「最初に『おっ、ラージャン久しぶりじゃん』みたいなフワっとした気持ちで挑んだんですけど、初見ではまず対応できない高火力、ハイスピードな攻撃が飛んできて、あっという間に体力が減っていき、『あっ、これがラージャンだったわ……』って強制的に目を覚まさせられた感じがします」と苦笑い。一方で「新ムーブも加わっていたんですけど、なんともラージャンらしい動きなんですよ」と再会を喜んだ。

今回訪れたカプコンの両ブースにおけるゲーム体験を総括して望月さんは、「『プロジェクト レジスタンス』のマスターマインドから逃れるサバイバー側も、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』のラージャンに挑むハンターも、一つの強力な敵をみんなのチームワークでどうにかするということが共通している」としたうえで、「スタンドアローンではなく、ゲームを通じたコミュニケーションを大切にしている印象を受けました」と述べた。

2つのタイトルについて「敵が強力だったため惰性でやることなく、ピリッとした空気の中戦うことができました」と言い、「特にラージャンと戦った後なんか、一緒にマルチプレイした外国人の方と初対面なのに固く握手しちゃいましたもん。もし、勝っていたら確実にハグしてました(笑)」とおどけつつ、「『これだよな、ゲームって』と思いましたね」と目を輝かせた。 

東京ゲームショウ2019』は幕張メッセ9月15日(日)まで開催中。