bee cover_e


 スウェーデンといえば、ミツバチの保護に大きな力を注いでいる。今年5月には、「世界最小のマクドナルド」と称して、ミツバチのために金色のアーチが装飾されたマクドナルドのミニレプリカが作成され、話題になった。

 今回、スウェーデンマクドナルドは、ミツバチのために小さなホテルオープン

 「ミツバチが『世界最小のマクドナルド』でファストフードを食べた後、どこかに滞在したいと思った時のためのホテル」ということだが、このプロジェクトの背後には、ミツバチの個体数激減という深刻な脅威が存在している。

 ミツバチを保護し、その個体数を少しでも増やしていくため、スウェーデンマクドナルドミツバチに優しいプロジェクトに尽力し、その保護活動に取り組んでいる。

―あわせて読みたい―

ミツバチは人類にとってとても大切な役目を果たしていた。ミツバチが絶滅したら起こりうる10のこと
世界最小のマクドナルドがスウェーデンにオープン!顧客はなんとミツバチたち!(※ミツバチ出演中)
自宅の庭をハチが好む環境に整えてくれた住人に補助金が給付される(アメリカ・ミネソタ州) ※ハチ出演中
バス停の屋根に植物を植えてミツバチが気軽に立ち寄れる場所に。オランダで始まった人とミツバチが共存できる取り組み
都会の自宅でも簡単にミツバチを飼育できる養蜂巣箱キットが開発される(イタリア)


Billboard hotels

看板にミツバチのためのホテルがオープン

 「世界最小のマクドナルド」が大きな反響を呼び、成功に導いたスウェーデンマクドナルドは、今回店の看板(ビルボード)をミツバチのための小さなホテルアレンジした。

bee3_e


 ミツバチ保護のプロジェクトの一環として、「世界最小のマクドナルド」を手掛けたクリエイティブ・エージェンシーNORD DDBは、フランチャイズで大手広告会社のJCDecauxとコラボレーション

bee2_e


 マクドナルドの看板のロゴ部分と「いつもオープン」の文字部分に、恒久的な木材を設置して、ドリルで小さな穴をいくつも開け、ミツバチや他の昆虫が入れるように工夫した。

bee4_e


 スウェーデンでは、全てのマクドナルドフランチャイズ店が、独自のミツバチホテルの看板をオーダーし、メッセージをカスタマイズする機会が与えられているという。

プロジェクトの背後にある深刻な問題

 世界最小のマクドナルドや小さなミツバチホテルは、見た目もとてもキュートだが、このプロジェクトの目的はあくまでもミツバチの保護だ。

 スウェーデンでは、ミツバチの30%が絶滅の危機に晒されている。

bee1_e


 ミツバチによる受粉がなければ、人間の食糧の3分の1は脅威に晒される。しかし、大きな問題は、ミツバチの住処がどんどん減少していることだそうだ。

 そのため、マクドナルドではミツバチを保護するために、ミツバチホテルを兼ねた店の看板の生産を開始している。

うまくいけばホテルのチェーンを増設予定

 今回のプロジェクトが最初に実行されたのは、ストックホルム郊外のイェルフェッラという地域の道路脇に建てられた看板だ。

bee5_e


 ビルボードの背面には、小さなミツバチホテルが6つ作成されている。看板の表は北向き、つまりちょうどホテルは南向きとなっており、昆虫にとっては全て緻密に計算された快適なデザインホテルとなっているようだ。

bee7_e


 「世界最小のマクドナルド」同様、もしこのプロジェクトが成功すれば、スウェーデンマクドナルドJCDecauxは、2020年の春に更なるホテルチェーンを増設する予定になっている。

References:designboomなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282435.html
 

こちらもオススメ!

―昆虫・爬虫類寄生虫についての記事―

たしかにそこなら暴風雨をしのげるね。ハリケーンから避難したカエル一家が意外な場所で発見される(アメリカ)
「ヒキガエル・ハイ」ヒキガエルの分泌物を吸引すると、半数以上の人は1か月間ハッピーな気分になれる(オランダ研究)
お前はオレを怒らせた。気候変動がクモを攻撃的にさせるという研究結果(カナダ研究)※クモ出演中
カタツムリの触角の中でグリグリとうごめく寄生虫、ロイコクロリディウムの恐ろしい映像が話題に(台湾)※グリグリ注意
エイリアンが落とした脳みそかな。うごめくイトミミズの塊(※集合体注意)

―知るの紹介記事―

小児期のトラウマが、今の生活にどのような影響を与えているかを知る心理テスト(占い)
そう遠くない未来に、メッシュ型の脳インプラントで脳の病気や依存症が治療できる時代に(米研究)
知的好奇心があふれ出す。フォローするべき5つの科学系インスタグラムアカウント
回転寿司ならぬ回転チーズ!? 25の品種が楽しめる世界初「回転チーズ店」がロンドンにオープン(イギリス)
イギリスでは13000人以上が極端な近親交配の可能性。それが健康に及ぼす影響についても調査(オーストラリア研究)
マクドナルドが「ミツバチのホテル」をオープン。脅威に晒されたミツバチを保護するための、優しいプロジェクト(スウェーデン)