元祖ハイブリッドカーはポルシェ? モーターのみで走行できないシステムもある

ハイブリッドシステムというのは一種類ではない

 ハイブリッドカーは、もはや珍しくありません。ハイブリッドシステムを搭載した軽自動車も増えていますし、登録車の販売ランキング上位は軒並みハイブリッド専用車か、ハイブリッドグレードを設定しているモデルばかりです。しかし、ハイブリッドシステムというのは1種類ではありません。クルマによって意外なほど異なっています。そこで、国産車を中心にあらためてハイブリッドシステムを整理してみましょう。

あくまで複数のパワーソースを示す言葉

 そもそもクルマパワートレインにおいて「ハイブリッド」と呼ぶときは、あくまで複数のパワーソースを持っているという意味でしかありません。現実的ではありませんが、風力とエンジンで動くハイブリッドカーがあってもいいわけですし、ゼンマイエンジンで動くハイブリッドカーというのは研究されたことがあります。ただし、現実的にはハイブリッドカーエンジンと電気モーターを搭載しているクルマという意味になっています。ハイブリッド車

 元祖ハイブリッドカーといえばトヨタ・プリウスでしょうが、マニア的には1901年のパリモーターショーに出品された「ローナーポルシェ・ミクステ」を思い浮かべるかもしれません。かの、フェルディナントポルシェ氏が開発した電気自動車ベースに、発電用エンジンを搭載したハイブリッドカーです。ハイブリッド車

発電機と駆動モーターを持つのがシリーズ式

 このように、エンジンが発電だけを担うタイプハイブリッドシステムを「シリーズ式」と呼んでいます。シリーズというのは直列という意味ですが、たしかにエンジンから駆動モーターまでエネルギーは直線的につながっています。シリーズハイブリッドでは、エンジンで発電した電力をバッテリーに溜めることができます。国産車でいうと日産ノートセレナの「e-POWER」が典型的なシリーズハイブリッドです。ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ハイブリッド車

元祖ハイブリッドカーはポルシェ? モーターのみで走行できないシステムもある