ライブコンサート向けの音響機器を使用した大音響でさまざまな作品を上映する「爆音映画祭 in MOVIX京都」が、10月1~6日に開催されることが決定した。2017年の初回から3回目の開催となる。

同映画祭では、爆音上映の第一人者である樋口泰人氏(株式会社boid代表)が全11作品をチョイスアニメ作品としては、地元企業である京都アニメーションが製作した「映画 けいおん!」(11)と「たまこラブストーリー」(14)のほか、筒井康隆氏のSF小説を故・今敏監督がアニメ化した「パプリカ」(06)、今年6月から公開中の「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」がラインナップされている。「たまこラブストーリー」は爆音映画祭初登場で、「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪」は、コンサートライトの使用や、声を出しての応援が許可される“マジLOVEライブ上映”も行われる。そのほか、「機動戦士ガンダム」や「カウボーイビバップ」といったアニメ作品のメカニックが登場するハリウッド映画「レディ・プレイヤー1」(18)も上映。

チケットは、9月14日からMOVIX京都の公式サイトと劇場窓口で販売。各回2000円で、10月5、6日に行われる「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪」のマジLOVEライブ上映は2200円(すべて税込み)。

(C)2006 MADHOUSE /Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.