アリゾナ州で車を運転していた30代の母親が、助手席に座っていた10歳の娘に飲酒運転を通報され逮捕された。母親は1人で歩くことができないほど酒に酔っていたことが明らかになっており、地元メディアArizona’s Family』のインタビューに「とんだ醜態をさらしてしまった。もう二度と飲酒運転はしない」と語っている。

アリゾナ州ランデール在住のステファニー・デイヴィス(31)は今月7日、10歳の娘と4歳の姪2人を連れて映画『ライオンキング』を観に行った。鑑賞中に気持ちよくワインを飲んだステファニーはその後、3人の子供たちを再び車に乗せると、酒に酔った状態のままハンドルを握った。

しかしステファニーの運転は子供たちを恐怖に陥れ、身の危険を感じた娘は警察に緊急通報したのだ。少女は「警察にこう言ったの。『ママが尋常じゃないの。酔っ払っているのがわかるわ。もうクレイジーよ』ってね。スピードが出て怖かったし、ママも従妹も守らなくちゃって思ったの」と当時を振り返っており、ステファニーは居場所を突き止めた警察官によって逮捕された。

娘は母親が危険な運転している様子を携帯電話で撮影しており、警察は「現場で少女が動画を見せてくれました。子供たちは車の中で、ステファニーに車を停めるよう大声で叫んでいたようです」と述べている。

また当時のステファニーの様子について、警察は「酒臭く、目は虚ろで血走り、ろれつが回らない状態でした。また支えられないとまっすぐに歩けず、現場での簡易アルコール検査に関しては拒否し続けました」と明かしている。なおステファニーには逮捕状が出てから改めてアルコール検査が行われたようだが、その結果については公表されていない。

ステファニーは現在、23日に裁判に出廷するという誓約書を書いて拘束を免れており、地元メディアインタビューに娘を連れて現れ、次のように語った。

「娘がしたことは正しいこと。3人の子供たちが無事で本当に良かったわ。あの出来事は今までの人生で最も恥ずかしいことで、母親としては失格ね。私は大きな間違いを犯したの。今後はお酒は家で楽しんで、二度と飲酒運転をしないことを誓うわ。」

かしこニュースには、「1人で歩けないって、いったいどれだけ飲んだんだ」「間違いを犯したって…3人の子供を連れて、間違いじゃ済まない」「そんなにワインを持ち込んだの?」「なぜ映画館でお酒? 途中で寝てしまうよ」「子連れで映画に行って、自分だけワイン飲んで運転して帰ってくるって、おかしいでしょう」「事故が起きなくて良かった」「娘のほうがしっかりしているね」といったコメントがあがっているようだ。

ちなみに同じような出来事は2017年にオレゴン州でも起きており、マイナーリーグ観戦の帰りに11歳の息子が母親の飲酒運転を通報している。この母親は基準値の2倍のアルコールが検出され逮捕されていた。

画像は『KMOV 2019年9月10日TwitterArizona mom arrested for DUI after daughter records her driving drunk, police say」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト