background-3470205_640_e

Image by rawpixel from Pixabay

 ソフトドリンクは、国によって若干定義が異なるが、日本だと炭酸飲料やジュース、清涼飲料水などを意味する。アメリカだと一般に炭酸飲料を意味する。

 ソフトリンクには思いのほか糖分がたっぷりと入っており、ついつい飲みすぎてしまうと体に弊害が出てくる。

 甘いソフトリンクを大量にガバガバと飲む習慣があるアメリカでは、7つの都市で、ソフトリンクの量に応じて税金をかけるという取り組みが行われている。

 この課税制度では、あくまでソフトリンクの量が対象であって、そこに含まれる糖分の量は一切考慮されていない。

 だが『Science』(9月6日付)に掲載されたニューヨーク州立大学をはじめとする研究チームの分析によると、課税対象をソフトリンクの量ではなく、糖分の量に変更すると健康にいいだけでなく、経済なメリットもある一石二鳥の効果が得られるのだそうだ。

―あわせて読みたい―

食品にどれくらい糖分が含まれているのか?角砂糖を使って比較してみた
コーラを煮詰めるとどうなるのか?こうなった・・・
コーラを飲んでから1時間以内に我々の体に何が起きるのか?
イギリス国内では富裕層の子供は痩せ、貧困層の子供は更に太っていく現実(英研究)
コーヒー、ビール、コーラ。好みの違いは味覚遺伝子ではなく向精神成分に関連する遺伝子が原因(米研究)

被害はソフトドリンクそのものではなく糖分にある

 経済学の基本原理によるなら、そうした税金は被害に応じてかけられるべきなのだ。

 ここで被害を起こしているものは、甘いソフトリンクに含まれる糖分だ。しかもソフトリンクに含まれる糖分の量は、製品によって大きなバラツキがある。

 論文にはこうある。

この制度では、糖分が多いソフトリンクからより健康的な糖分の少ないものに変えようというインセンティブが消費者に働かない。ソフトリンクの量に基づいた税金は一般的なものであるが、健康効果は最大化されない。

soft-drink-2741251_640_e

Image by Ernesto Rodriguez from Pixabay

従来のソフトドリンク従量課税も効果的ではある


 誤解がないように述べておくと、ソフトリンクの量に応じた税金であってもちゃんと効果はある。

 研究チームの試算では、1リットル当たり34セント(約36円)の税金を課すだけで、アメリカ人成人の甘いソフトリンクの消費量は1日当たり82グラム少なくなる。すると平均体重は1キロ落ちる。

 また、これを全米で実施すれば、肥満率が年2パーセント(成人210万人)減少し、さらに2型糖尿病も2.3パーセント(3万6000件)減少するだろうと評価されている。

 ついでながら、年間14億ドル(約1500億円)の経済効果も得られるだろうという。これは主に医療費が削減されることに起因する。

cans-4163012_640_e

Image by Alexander Antropov from Pixabay

健康・経済効果をブースト


 しかし、今回の研究は、ソフトリンク自体の量ではなく、そこに含まれる糖分の量に応じて課税すれば、さらに大きな健康効果と経済効果が得られると述べている。

 糖分従量課税方式に変えた場合、甘いソフトリンクの消費量はさらに2.3グラム減り、体重は320グラム落ちる。

 全米では、さらに63万人の成人の肥満が解消され、糖尿病患者は1万1000人減る。もちろん年間の経済効果は4億ドル(約430億円)分アップするだろうという。

 こうした試算を元に、「甘いソフトリンクへの課税に合意があるならば、糖分が含まれている液体の量ではなく、有害な糖分に課税するのが自然だと思われる」と論文では結論づけられている。

iStock-957131152_e

Image by Rawpixel/iStock

 アメリカだとファストフードはもちろん、ファミリーレストランとかでもソフトリンクおかわり自由なところもあって、これまでずっと安い料金で大量に摂取できていたことによるツケが回ってきた感じだね。

 かといってシュガーレスのものでも、飲みすぎるとあまり体に良くないとも言われているので、水分を取るなら水かカフェインの入っていないお茶にするとかにしたほうがいいのかな。

 でもピザとかハンバーガーとかを食べるときって甘い炭酸飲料を無性に飲みたくなる罠が潜んでいるよね。あれは不思議だ。

References:Taxing Sweetened Drinks by the Amount of Sugar Could Cut Obesity & Boost Economic Gains/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282307.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

2100年前の墓から女性の遺骸と一緒にスマホそっくりの黒玉製の板が発見される(ロシア)
そこに訪れるだけの価値がある。世界で最も美しいとされる15の駅
ユーモアの遺伝子は昔から人類に流れていた。20世紀初頭の面白シュールな古写真
そこだけ時が止まっているかのよう。1845年、海に沈んだ探検船「HMSテラー号」の最新映像が公開される
大阪4位、東京7位。2019年、世界で最も住みやすい都市ランキングが発表される(英調査)

―知るの紹介記事―

いまだ深い謎に包まれている米空軍の無人宇宙船「X-37B」は2年にわたり地球軌道を飛行し続けている
代理母猫による自然分娩で誕生。世界的に珍しいクローン猫が誕生(中国)
マクドナルドが「ミツバチのホテル」をオープン。脅威に晒されたミツバチを保護するための、優しいプロジェクト(スウェーデン)
小児期のトラウマが、今の生活にどのような影響を与えているかを知る心理テスト(占い)
そう遠くない未来に、メッシュ型の脳インプラントで脳の病気や依存症が治療できる時代に(米研究)
糖分の量に応じてソフトドリンクに税金をかければ、肥満防止と経済効果の一石二鳥になる(米研究)