no title


 アメリカには、各州に“シェルター”と呼ばれる多くの動物保護施設が存在するが、地域によっては既に満員の状態で、病気だったりすぐに新しい飼い主が見つからなかったりした場合、預けられた犬猫たちには安楽死処分が待っている。

 そんな悲しい現実から少しでも多くの犬猫たちを助けようと、救助の手を差し伸べる非営利の保護団体が存在する。

 去年4月に、オハイオ州のシェルターに運ばれて来た1匹のビーグル犬も、病気を患い、安楽死処分が決定していた。

 しかし、すんでのところで1組の夫婦に命を救われた。犬は、自分がもう安全であることを悟ったのだろう。救助してくれた男性に、感謝と喜びのジェスチャーを繰り返した。

―あわせて読みたい―

原因不明の病に侵され動くことも食べることもできなくなってしまった犬。安楽死直前のその時、奇跡が起きた(アメリカ)
ずっとギュっとしてたいの。殺処分寸前のピットブルを救った女性、ピットブルから愛の嵐が待っていた(アメリカ)
安楽死を待っていたピットブル、真の飼い主の元へ。すっかりかわいい女の子になったよ。
世話が面倒という理由で飼い主に捨てられた生後3か月の子犬、安楽死寸前のところを救われる(アメリカ)
安楽死処分寸前で2人のパイロットに救助され、アリゾナからアラバマまで飛んだ23匹の犬たち(アメリカ)

2歳のビーグル犬がシェルターで安楽死処分予定に

 2018年4月25日、野良犬だった2歳のビーグルグレゴリーは、オハイオ州のフランクリン郡動物保護施設に連れて来られた。

 最初、施設スタッフグレゴリーの健康状態が問題ないように見えたが、後日検査をしてみるとフィラリアの陽性反応が出たため、安楽死処分にすることを決めた。

 その頃、同州フィンリーにある非営利団体「HOUND Rescue and Sanctuary」を運営するシェンリー&ジョー・カークさん夫妻は、いつものように定期的に周辺地域の保護施設をチェックしていて、グレゴリー安楽死処分のことを知った。

 夫妻は、安楽死処分寸前の犬を施設から引き取り、飼育放棄された犬には新しい飼い主を見つけ、また引き取り手がない犬や高齢の犬、野良犬たちには、自分たちの施設で最期まで面倒をみていた。

 夫妻はすぐにグレゴリーを救助すべく施設に連絡を取り、5月1日ジョーさんは車で2時間ほどかけてグレゴリーを迎えに行った。

安楽死を免れたグレゴリー、喜びを体で表現

 普段動物たちを施設へ迎えに行く時は、ジョーさんたちはクレートに乗せて移動させている。

 しかしグレゴリーを見て、長い間施設で檻に入れられ気の毒だという思いが湧いたのだろう。クレートには入れず、車の後部座席に乗せた。

 そしてフィンリーへ戻ろうと運転していると、「もう安楽死させられる必要はない」と悟ったのか、グレゴリージョーさんに近付いて、まるで救われた喜びと安心を表現するかのように、ジョーさんの肩に激しく顔をすり寄せてきた。

 全身で喜びを表すジェスチャーの嵐を受け取ったジョーさんは、フェイスブック

最高の写真が撮れました!グレゴリーは、もう安全だということを知っています!こんなに喜んで感謝の気持ちを伝えてくれていますよ!

と投稿。

 その写真を見たユーザーらからは、

・ほんとだ!最高の写真だね。フレームに入れて飾らなくちゃ!!

・犬を救ってくれて本当にありがとう

グレゴリーの顔が全てを物語っているね。

安楽死処分される動物たちを全て救えたらどれほどいいか…。どの動物にも、素敵な飼い主が見つかればいいのに。

・こんなキュートな子が、安楽死寸前だったなんて…。

グレゴリーに新しい人生を与えてくれてありがとう!あなたたちは素晴らしい

・この犬がこれからずっと幸せに暮らせますように。


といったコメントが相次ぎ、グレゴリーを救助したジョーさんとシェンリーさんに多くの称賛の声が寄せられた。

治療を経て新たな飼い主のもとへ

 グレゴリーは、ジョーさんとシェンリーさんの施設で、順調に新しい生活をスタートさせた。同時に、獣医院でフィラリアの治療を数か月にわたり受けた。

 間もなくして、コロンバスに住むカップルグレゴリーを引き取りたいと、ジョーさんとシェンリーさんにフェイスブックを通して連絡してきたことで、治療を終えたグレゴリーは、新しい飼い主のもとへと引き取られていった。

 そのカップルは、別のビーグル犬を飼っており、嬉しいことにグレゴリーとそのビーグル犬はとても仲良しになったそうだ。

 シェンリーさんとジョーさんによって、グレゴリーのように安楽死処分寸前で命を救われた犬たちは数えきれない。

救われた犬たちが、幸せに過ごしていく姿を見ることが、私たちには幸せです。この幸せがあるからこそ、価値のあることだと尽力して救済活動を行っています。救いを必要としていた犬たちが、救助された時に見せてくれる感謝や愛情は、私たちにはまさにプライスレスなのです。

References:TODAYなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282407.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

コーギー vs コーギーの脱力系小競り合いを壮大なるドッグファイトに演出してみた
大好き同士の優しい時間。ゴールデンと子猫のらぶらぶな関係にほっこりしよう
代理母猫による自然分娩で誕生。世界的に珍しいクローン猫が誕生(中国)
怪しい気配...ここは私にまかせて!郵便配達員の気配を感じると、ドアの郵便受けから鉄壁の防御&攻撃をする番猫
ゼウスがやらかしたようだ。カーペットに謎のうんちっち発見。飼い主さんの追及を断固否定するハスキーのゼウス

―知るの紹介記事―

糖分の量に応じてソフトドリンクに税金をかければ、肥満防止と経済効果の一石二鳥になる(米研究)
いまだ深い謎に包まれている米空軍の無人宇宙船「X-37B」は2年にわたり地球軌道を飛行し続けている
代理母猫による自然分娩で誕生。世界的に珍しいクローン猫が誕生(中国)
マクドナルドが「ミツバチのホテル」をオープン。脅威に晒されたミツバチを保護するための、優しいプロジェクト(スウェーデン)
小児期のトラウマが、今の生活にどのような影響を与えているかを知る心理テスト(占い)
安楽死寸前で男性に救助された犬、全身全霊で感謝の気持ちを表現(アメリカ)