岡崎らとともに奇跡の優勝を果たしたラニエリ監督は、栄光から9カ月での転落劇

 プレミアリーグ今季の解任第1号は、ワトフォードを率いたハビ・グラシア監督だった。プレミアリーグ開幕わずか4試合を終えた段階でのスピード解任は話題となったが、英紙「デイリーミラー」ではプレミアリーグで起きた悲劇の解任劇を特集している。

プレミアリーグの歴史で最も残酷だった10の解任」

 このように題された特集で真っ先に名前が挙がっているのが、まだ記憶に新しいレスタークラウディオ・ラニエリ氏だ。日本代表FW岡崎慎司(現ウエスカ)も所属した2015-16シーズンに“奇跡”のプレミア初制覇を成し遂げたイタリア指揮官だが、ディフェンディンチャンピオンとして臨んだ16-17シーズンも中盤を迎えた17年2月に解任された。チームは残留争いに巻き込まれていたこともあったが、栄光からわずか9カ月での転落劇となった。

 ラニエリ氏に関しては、2004年6月にチェルシーから解任されたケースも選出された。ロマン・アブラモビッチ会長によって金満クラブとなった当初のチェルシーを率いたラニエリ氏は2003-04シーズンに無敗優勝を成し遂げたアーセナルに次ぐ2位、UEFAチャンピオンズリーグではベスト4の成績を残したが、クラブジョゼ・モウリーニョ監督の招聘を選択したため、無念の解任となった。

 アブラモビッチ体制になってから監督交代の多いチェルシーはラニエリ氏のほか、2008年のアブラム・グラント監督、2011年カルロアンチロッティ監督、2012年ロベルト・ディ・マッテオ監督も選ばれている。

デ・ブール監督はクリスタル・パレスと3年契約を結ぶもわずか77日で解任

 近年で最も印象的な解任といえば、2017年クリスタル・パレスで起きたフランク・デ・ブール監督のケースだろう。シーズン開幕前にその前年にインテルを約3カ月間で解任されていた同監督は、17年6月26日クリスタル・パレスと3年契約を交わしたが、その77日後の9月11日に解任。開幕4試合を終えた時点での解任は、プレミアリーグ史上最短だったうえに、リーグ戦では無得点のまま更迭された初めての監督という不名誉な記録も残してしまった。オランダ指揮官にとってはまさに悪夢のようなイングランド生活だった。

 ミラー紙が選ぶ「プレミアリーグの歴史で最も残酷だった10の解任」は以下の通り。

クラウディオ・ラニエリ(レスター・シティ2017年2月)
クリス・ヒュートン(ニューカッスル2010年12月
ナイジェル・アドキンス(サウサンプトン2013年1月)
カルロアンチロッティ(チェルシー2011年5月)
ロベルト・ディ・マッテオ(チェルシー2012年11月
アブラム・グラント(チェルシー2008年5月)
クラウディオ・ラニエリ(チェルシー2004年6月)
スラヴィシャ・ヨカノヴィッチ(ワトフォード2015年5月)
フランク・デ・ブール(クリスタル・パレス2017年9月)
キケ・サンチェスフローレス(ワトフォード2016年5月)(Football ZONE web編集部)

クラウディオ・ラニエリ監督(左)とフランク・デ・ブール監督【写真:Getty Images】