今年8月、あのTENGAが全国初となる自動販売機北海道札幌市内に設置。ドラッグストアでの販売のほか、百貨店内にTENGA SHOPオープンさせるなどこれまでも何かと注目を集めてきましたが、今回の自販機ネット上で大きな話題を呼んでいます。

 道産子の記者にとってもこれは故郷の一大ニュース! そこで自販機のある札幌に飛び、実際にTENGAを購入してみました。

入り口には「TENGAあります」というのれんが

 自販機が設置されているのは札幌市中央区。観光名所として有名な二条市場から歩いて6~7分。ススキノからも12~13分ですが周囲に飲食店は少なく、単身者向けマンションなどが立ち並ぶ静かなエリアです。

 TENGA自販機はその一角、交差点に面した5階建てマンションの1階にありますが、設置されているのは屋外ではなく建物の中。入口には「TENGAあります」というのれんが掛かっていて、ひと目でわかるようになっています。

 ほかにも「TENGA自販機」と書かれたオシャレな看板もあり、そのままTシャツにしても売れそうです。

TENGA
TENGA自販機の看板
 のれんをくぐると自販機が3台並んでいて、うち2台で20種類近いTENGA、残り1台でオリジナルエナジーリングTENGA NIGHT CHARGE」を販売。売り場に設置されたモニターでは、商品のプロモーション映像が絶えず流されています。

自販機での購入には運転免許証が必要

 なお、自販機で扱っている商品は、いずれも販売対象は18歳以上。そのため、購入するには運転免許証が必要で、入口や自販機のところにも注意書きがありました。

TENGA
身分証明書には免許証が必要
 壁には購入方法が詳しく書かれており、まず自販機に設置された年齢識別装置に免許証を挿入。18歳以上で有効期限内のものであれば自販機の購入可のランプが点灯。これを確認してからお金を入れて希望の商品を購入します。

TENGA
年齢確認用の免許証の読み取り機
 今はタバコ自販機も「taspo(タスポ)」読み取りでの年齢確認が必要ですし、こうした機能が必要なのでしょう。だからと言って購入のための手順が複雑ということもなく、スムーズに買うことができました。

札幌ではTENGAが売れている

 ちなみに訪れたときは人気の「ディープスロート・カップ」(810円)をはじめ、売り切れになっている商品も多く、記者が購入したのはショートサイズの「SD TENGA ディープスロート・カップ」(730円)。

TENGA
自販機で販売中の各商品
 自販機といっても建物内にあるので買っている姿を見られることもなく、人目を気にせずに購入できるのはありがたいです。でも、どうしてTENGA自販機を札幌に設置したのでしょうか?

 これについて株式会社TENGAに尋ねてみたところ、「もともと札幌エリアではTENGAの販売数が伸びており、かつ自販機設置のご相談をいただいだ法人様が札幌にあったことが大きな理由です」とコメント

 札幌でTENGAが売れていることは初めて知りましたが、自販機から歩いて10数分の場所にある「MEGAドン・キホーテ狸小路本店」には品揃え豊富なTENGA SHOPもあります。そう考えると需要が伸びていることにも納得できます。

20代男子は「欲しいときにこっそり買える」

TENGA
購入したTENGA
 記者の後にTENGA自販機で商品を購入した20代の飲食店従業員は、「欲しいときにこっそり買えるから助かる(笑)」と話していました。もちろん、こっそり購入するだけなら通販でもいいですが、すぐ使いたいときにはやはり自販機があると便利です。

 また、スマホ自販機を撮影しいていた東京から出張で訪れたという30代の会社員は「ネットニュースで知って見に来ました」と珍スポット扱い。実際、この方のように商品を買わなくても足を止める人、中の様子をうかがう人は多く、このうちの何割かが商品を購入してくれたら新規ユーザーの掘り起こしにもなりそうです。

 気になるTENGA自販機の今後の展開についてですが、「現在はテスト販売として、さまざまな試行錯誤をしながら運営を進めています」(株式会社TENGA)とのこと。

 ただし、以前から自販機での販売を視野に入れていたことは認めており、東京などほかの地域でも将来的には設置されるかもしれません。今のところは札幌だけですが、それだけにある意味貴重かも。地元以外の方も出張や旅行で訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

TEXT/トシタカマサ>

【トシタカマサ】

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中

購入したTENGA