東京ゲームショウ2019初日の2019年9月12日マウスコンピューターは,会場内のMCJブースにて,マウスコンピューターは,発表会を開催し,eスポーツ大会やLANパーティデジタルコンテンツ制作にまつわるイベントを集めた催しとなる「DIGITAL ENTERTAINMENT FESTIVAL 2020」を2020年春に開催すると発表した。

 マウスコンピューターは,これまでゲーマー向けPCブランドG-Tune」や,クリエイターPC「DAIV」でデジタルコンテンツに関わる製品を提供してきたのに加えて,eスポーツ大会やLANパーティ,アートイベントなどにも協賛してきた。


 そのうえで,さらに広いユーザー層に対して,こうしたデジタルコンテンツを紹介する機会を増やしたいという考えからDIGITAL ENTERTAINMENT FESTIVAL 2020を企画したという。まずは,デジタル音楽,デジタルアート,eスポーツ,LANパーティの4つを軸としたイベントを構想しているそうだ。


 イベントは,マウスコンピューターが単体で運営するのではなく,それぞれの分野でパートナーと協業する形となる。発表会では,各分野のパートナーも登壇して,意気込みを語った。

 まず,デジタルアートの分野では,アートイベント「LIMITS」を運営するピーエイアイエヌティと協業する。LIMITSは,2人のアーティストが,その場で発表されたテーマをもとに,制限時間内でイラストアニメーションを制作し,審査員と観客の評価によって勝敗を決めるというイベントだ。
 ピーエイアイエヌティの代表取締役社長を努める大山友郎氏は,「DIGITAL ENTERTAINMENT FESTIVAL 2020に向けて,マウスコンピューターの方々と協議して,若い人がテクノロジーにふれる機会を増やすとともに,デジタルアートをアピールする場を作りたい」という意気込みを述べた。

 デジタル音楽の分野では,佐野電磁佐野信義)氏率いるDETUNEパートナーとなる。
 「EDM」(Electronic Dance Musicダンスミュージックの1ジャンル)をテーマに,作曲する過程を,観客に見せるような内容になるという。なぜEDMなのかというと,「人を踊らせることを目的として,それに合わせた様式があるうえ,展開が早く,作曲を見せるのに適している」とのこと。佐野氏は「作曲をeスポーツにする」と宣言した。

 eスポーツイベントや,LANパーティでは,国内のeスポーツイベントを多数手掛けるRIZeSTと協業する。RIZeSTの代表取締役社長の古澤明仁氏は「以前から,ゲームキャラクターが好きな人がいたり,ゲーム音楽が好きな人がいたりと,ゲームは,アートや音楽と非常に親和性が高いと考えていた。それぞれのファンが交わるイベントになるよう協力したい」と抱負を述べた。

 発表時点では,DIGITAL ENTERTAINMENT FESTIVAL 2020の開催と各パートナーが決まったという段階で,具体的なイベント内容はこれから検討するとのこと。マウスコンピューターでは,今後継続的に情報発信を行うという。

 また,地方でも,ゲームデジタルアートに関するイベントを開催したいという大学や専門学校に対して,機材やイベントの運営ノウハウ,コンテンツメーカーに対する利用許諾の申請といったサポートを行う「DIGITAL ENTERTAINMENT FESTIVAL in COLLEGE」という支援プログラムの発足も発表した。こちらも今後,具体的な内容をアナウンスする予定とのことだ。


 eスポーツ大会をはじめとするゲームイベントが増えてきたが,さまざまな分野を横断するようなものは,それほど多くない。どのような形になるか,続報を待ちたい。

リンクマウスコンピューター公式Webサイト
リンク4Gamerの東京ゲームショウ2019特設サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/026/G002654/20190915041/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
HARDWARE G-Tune

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

[TGS 2019]マウスコンピューター,ゲームや音楽,デジタルアートが一堂に会するイベントを2020年春に開催