危険運転による痛ましい事件は後を絶ちません。



写真はイメージです。



あおり運転をはじめとした危険運転ニュースを見る度に、もしかしたら自分も加害者として逮捕されていたかも……と、他人事には思えないんです」


 会社員の麻耶さん(仮名・24歳)は、会社の先輩の康太さん(仮名・28歳)に惹かれていました。しかし、ドライブデートで康太さんの意外な、というよりは恐ろしい一面を知ってしまったと言います。


 茨城県内で、あおり運転からの傷害事件が発生し、同乗していた女性とともに逃亡していた男性の逮捕も、まだまだ記憶に新しいかと思いますが、康太さんの恐ろしい一面とは一体なんだったのでしょうか。


◆突然、前を走るタクシーを追いかけだした
「康太は、穏やかで頼れるステキな先輩、という感じで、私にとっては、入社当初から気になる存在でした。地道に飲み会などでアプローチを重ね、今年のはじめぐらいから、2人で近場で食事に行くような関係になったんです。どんどん親しくなっている手応えがありました。そして、ゴールデンウィークの連休中に、ドライブデートをしようという話になったんです」


 ところが、このドライブデートで、麻耶さんの康太さんへ惹かれる気持ちは消え失せてしまうことになります。


「康太はすごく荒い運転で……それだけでもイヤでしたが、康太が突然、前方のタクシーのことを猛スピードで追いかけ出したんです。大声やクラクションで威嚇する、パッシングをしまくるといった、あからさまなあおり運転でした。すぐに通報すべきだったのですが、そのときは冷静に考えられなかったんです。事故になる! と、頭の中がパニック状態になりました。咄嗟に康太の腕を掴んで『危ないよ!』と言っても、『邪魔!』と乱暴に振り払われて……


◆康太さんの暴走行為は止まらない



「信号待ちの際に、康太はタクシーにギリギリまで幅寄せして……。窓を開け、『おい、危ないだろうが!!』などと、罵声を浴びせかけ続けました。タクシーの運転手さんはまったく反応しないまま、違う道へ。そのおかげで、康太のあおり運転はそこで終わりました。咄嗟に正しい判断をしてくれた運転手さんには、感謝すると同時に、申し訳なくなります」


 その後、康太さんは不機嫌になったうえに、麻耶さんに文句を言ってきたそうです。


「『さっきのは明らかタクシーが悪かったよね? なんで腕を掴んで止めようとしたのかが理解できない。そういうことをされたら、事故るかもしれないから危ないんだよ』と……。康太が、いつもの穏やかな口調だったことがよけいにゾッとしました。『体調が悪くなったから』と言って、強引に帰宅したものの、家に帰ってからも、恐怖で震えが止まりませんでした」


 それ以降、麻耶さんは康太さんとは会社以外で接することは極力避けるようになりましたが、いまだに恐怖心が消えないと言います。


「康太は、会社では相変わらずよき先輩として振る舞ってきました。会社でほかの人たちと、あおり運転から起きた事件に関して『あんなことをする人間が存在するなんて、信じられないよ』と話していたこともあります。お前も同類だろ、って思いました。一歩間違えていたら、私も事件の加害者の車に同乗していた、いわゆる“ガラケー女”になっていた可能性もあるので、笑えません」


 麻耶さんは、康太さんのあおり運転の件を警察に相談することを決意したそうです。


「数ヶ月前のことですし、被害者の方がドライブレコーダーで記録していない限り、証拠もないので、ダメ元ですけどね。康太の危険運転による被害者をこれ以上増やさないために、私は勇気を出したいと思います」


 力強く話す麻耶さん。警察庁は、2018年1月、全国の警察にあおり運転などの悪質・危険な運転に対して、危険運転致死傷罪・暴行罪などを適用し、厳正に捜査するように求めています。危険運転の加害者を減らすためには、麻耶さんのように、同乗者が声をあげることも必要となってくることは間違いなさそうです。


シリーズ気になる男性・彼・夫の意外な一面」―


<文/女子SPA!編集部 イラスト/Morimalu>


【女子SPA!編集部】ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。