ガタガタのトランプ政権下のアメリカでは、相も変わらず差別やテロ、デモが横行中。そんなアメリカで話題となった、もっともインパクトのある発言・暴言を取り上げるコラム「町山智浩の言霊USA」のシリーズ最新版『アメリカ炎上通信 言霊USA XXL』が9月27日に発売される。この最新コラムから選りすぐりの全3本を公開! 第1弾は「インセル Incel 訳・望まない禁欲者」

◆◆◆

モテない。ただそれだけで、無差別大量殺人を犯すテロリストたち

 秋葉原歩行者天国で、加藤智大(当時25歳)がトラックで人混みに突っ込んだ上にナイフで通行人17人を無差別に殺傷してから10年後の今年、4月23日カナダトロント市の繁華街でアレック・ミナシアン(25歳)が自動車で通行人10人を轢き殺して逮捕された。

 ミナシアンは犯行直前、SNSに次のような投稿をしていた。

インセルの反逆はもう始まった。チャドステイシーの支配を打倒せよ! 偉大なるエリオットロジャー万歳!」

インセルIncel)」とはInvoluntary Celibate(望まない禁欲者)、つまり童貞のこと。英語版2ちゃんねる4chanで、本人たちが自称するようになった。チャドはモテる男性、ステイシーはモテる女性を意味するインセル語。エリオットロジャーは、2014年カリフォルニアで、モテないことを理由に、銃とナイフで6人を殺した青年の名前だ。

 モテない、ただそれだけの理由で、無差別大量殺人を犯すテロリストが日常に潜んでいる! 驚いたマスコミは、現在インセルの中心になっている「インセルス・ミー」という匿名掲示板を覗いて、さらに慄然とした。そこには女性や、恋愛ができる男性に対する凄まじい憎悪が渦巻いていた。

レイプの利点は何だと思う?」というアンケートの答え

 行方不明になっていた若い女性が惨殺死体で発見されたというニュースに「また売女が死んだ」「ざまあみろ」と喜びのコメントが並ぶ。「レイプの利点は何だと思う?」というアンケートに「デートの必要がない」「金がかからない」などの答え。「インセルが救われるために法律を変えよう」という話題は「女の就労を禁止しよう。生きるためには結婚するしかないから、俺たちにも回ってくる」「そのために女の選挙権を剥奪しよう」と盛り上がる。これは「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」というドラマそのものだ。キリスト教原理主義者たちがアメリカの政権を握って、すべての女性から働く権利と、選挙権を奪ってしまうのだ。

「そんなことを言うのはやめよう。女性だって人間なんだ」

 インセルス・ミーの掲示板で、ただ一人、当たり前のことを反論している投稿者がいた。ジャック・ピーターソンというハンドルネームで、マスコミの取材に応じた、ただ一人の投稿者だった。新聞やテレビで、ピーターソンは、インセルは怪物ではない、ただの寂しい若者なんだと訴えた。

 ピーターソンはシカゴ在住の現在19歳。仕事もなく、母の家に引きこもっている。幼い頃からシャイで、小学校では女子から「ブサイク」「キモい」とイジメられた。中学は3回も転校したがイジメは止まらなかった。ついに高校1年で中退。自殺も考えた。唯一の慰めはネットだった。そこにはピーターソンと同じような人々がいた。彼に興味を持ってくれる女の子もいた。4歳年上で、彼が16歳の時に直接会い、童貞を奪ってくれた。

 でも、その初体験は惨憺たるものだった。彼女はピーターソンをブサイクだといい、ペニスが小さいと笑った。さらにその後、他の男とセックスして「あんたより良かった」とメールしてきた。

ブラックピルを飲む」とは?

 弄ばれたピーターソンは完全にインセルの世界に入ったという。彼らは自分がインセルだと自覚することを、「ブラックピルを飲む」と呼ぶ。もともとアンチフェミニズムの男たちが「レッドピルを飲む」という言葉を使っていた。映画『マトリックス』で、赤いピル(錠剤)を飲むと、この世は現実ではなく、コンピュータに作られたヴァーチャルリアリティにすぎないという本当の現実が見えるように、男女平等は嘘で、男尊女卑こそ真実だと「目覚める」ことを赤いピルを飲むと表現した(バカか)。で、ブラックピルを飲むとは、進化論的な競争と自然淘汰において容姿や経済力に劣る自分には女性と幸福になる可能性はないという事実を受け入れることを意味するのだという。

なぜインセルはモテないのか?

 でも、ピーターソンは心の優しい少年だった。自分を捨てた彼女のことも恨んでないという。

「僕に興味を持ってくれた唯一の人だし、何もないよりはいいから」

 彼は堂々とテレビ出演してインセルに対する世間の誤解と闘い、ネットでは女性への憎しみを撒き散らす他のインセルを「それでは嫌われるばかりだ」となだめた。だが、ある日突然、掲示板アクセスできなくなった。「綺麗ごとばかり言うウザい奴」と嫌われていたらしい。

 そしてピーターソンはYouTubeインセル脱退宣言をした。彼は取材を受けるうちに自分のコミュニケーション能力に自信を持つようになった。外に出て世間の中に入り、女性ともデートしてみると語った。

インセルの仲間たち、ありがとう。僕にとって初めての友だちだった」

 そのYouTubeには「インセルを裏切ったな」「どうせまた傷ついてインセルに戻ってくるさ」などのコメントがついているが、「あなたの顔、全然ブサイクじゃないと思います」という女性の投稿もある。

 実際、けっこうイイ男なのだ。トロントで10人殺した犯人も、カリフォルニアで6人殺した犯人も実はブサイクではない。何が彼らにそう思わせたのか?

[初出 週刊文春2018年6月28日号]

第2弾「「全裸ライド」は9月23日月曜日に公開されます。

(町山 智浩)

エリオット・ロジャー 犯行前に投稿した動画より