薬剤師(yu-ji/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

個人情報の保護が声高に叫ばれている昨今。多くの企業では、HPやサービスを通じて得た個人情報を厳しく管理しているが、逆にアナログな方法で周囲に知れ渡ってしまこともある。

そんなことを感じさせる、女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。

■周囲に聞こえるほど大きな声で…

通っている調剤薬局で、不必要なほど大きな声で病状や薬の話をする薬剤師にイラッとしていると語る投稿者。

先日も、精神的な病状について大声で客に尋ねたり薬の説明をしている薬剤師がおり、他人に話を聞かれている客の気持ちを思うと、「その場にいちゃいけないような気持ち」にまでなったと綴る。

関連記事:「在庫処理の薬」を投与した病院がHP閉鎖し逃亡?怒りの声相次ぐ

■「プライバシーを扱っている認識が薄い」

投稿者の順番になった際も、その薬剤師は大きな声で説明を続行。幸い、湿布や痛み止めなどの聞かれても構わない薬を処方してもらっていただけだったため、事なきを得たが、「もうちょっと小さい声でお願いします」と注意したという。

そして、「元々重大なプライバシーを扱っているという認識が薄い人なんだな」と感じたと綴り、投稿を締めくくった。

■「あるある」と共感相次ぐ

医師は患者に対して、守秘義務を負っている。よき医療を施すためには、患者からの事実の開示が必須である一方、病状というものが積極的に開示したくない性質を含む事象だからだ。だからこそ、薬局にて薬剤師が大きな声でそれを言ってしまうのは許されない行為と言える。

しかし、この手の出来事は想像以上に多いのか、投稿者の元には多くの共感の声・エピソードが寄せられることに。

「私も心療内科で処方されたお薬を貰いに調剤薬局に行くと、毎回同じ薬なのにも関わらず大声で説明。なぜ大声で話す必要があるのか? 年配で耳が遠いのならわかるけど、こっちは30代(当時は)だっつーの」

「まさにそれで恥ずかしい思いをしたことがありました。若い男性の薬剤師に、精神の安定するお薬と寝つきが良くなるお薬ですー、とか大声で言われて」

「私介護施設で勤めてる時しょっちゅう爺さん婆さんの通院介助してたんだけど、その人の薬を私だけで取りに行くことも多くてさ。水虫の薬、便秘の薬、痔の薬、あとは抗うつ剤とか睡眠剤をもらってる人も多いから、声の大きい人嫌だよ〜! そういうときは同じ声のボリュームで『本人は最近調子いいって言ってるんですけどね』『この間私が確認した時には症状軽くなっていました』とか、私は施設の職員! 代理です! アピール必死よ笑」

■6割がイライラした経験あり

しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,589名を対象に調査を実施。その結果、全体の62.6%が「態度の悪い店員にイライラしたことがある」と回答した。

店員イライラ

大声を「態度が悪い」に含めていいのかは意見が分かれそうだが、個人情報を明かしているという意味では、ただ単純に態度が悪いよりも悪質かもしれない。

・合わせて読みたい→女優・大原麗子の「孤独死」の真相とは 「似た経験ある」と共感の声も

(文/しらべぇ編集部・倉本薫子

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年2月1日2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1589名(有効回答数)

薬剤師の対応に絶句した女性 「その場にいちゃいけないような…」