大瀬良は廣岡、村上、中山と3被弾で5失点

ヤクルト 6-4 広島(16日・マツダスタジアム

広島は16日、マツダスタジアムで行われた東京ヤクルト戦に4-6で敗れた。先発の大瀬良が3本塁打を打たれて6回5失点と試合を作れず、打線もヤクルト先発の高橋に6回まで1点のみに抑えられた。緒方監督は「相手ピッチャーの出来がよかった」と、相手の先発左腕に脱帽した。

 大瀬良は先制点をもらった直後の2回に廣岡に本塁打を打たれ、4回に村上、6回には中山にも一発を浴びた。緒方監督は「球の力はあったが、高いところにいったところを3本か、打たれてしまったね。途中で代えることも考えたが、6回のもう1、2イニング踏ん張って欲しいというところで失点したのが痛かった」と中山の2ランを悔やんだ

 打線は得点した初回と7回に追加点が取れなかった。初回は2死1、3塁で會澤、7回には1死2、3塁から長野と會澤にタイムリーが出ず、指揮官は「あと一本が出るかどうかというところだったけど……」と残念そうだった。

 地元でのクライマックスシリーズ開催をかけた順位争いで、2位のDeNAが中日に敗れたものの、最下位相手に2連敗でゲーム差は1.5と変わらなかった。首位の巨人が敗れて数字上でのリーグ4連覇の可能性はかろうじて残ったが、2位の座にも黄信号が点滅する痛い敗戦となった。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo

広島・緒方監督【写真:荒川祐史】