マンUクロースにオファーを送った点に目をつけ、ポグバへの条件提示に盛り込む予定

 レアル・マドリードは今夏の移籍市場で、マンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバ獲得を目指して動いていた。結局交渉をまとめられず、中盤のダイナモスペインの首都に連れてくることは叶わなかったが、まだ望みを捨てていないようだ。英サッカー専門誌「フォーフォー・ツー」は、レアルポグバ獲得に向けて、新たな動きに出たと伝えている。

 レアルポグバの獲得を目論む一方で、ロシアワールドカップを制して世界一に輝いたポグバも、サンチャゴ・ベルナベウへの移籍を望んでいるとされている。

 ドイツ紙「ビルト」によれば、ユナイテッドは今年初めにドイツ代表MFトニ・クロースに対し、6700万ポンド(約90億円)のオファーを送っていたという。もしポグバを獲得できるのであれば、レアルクロース放出にも喜んで応じる模様。そこで来年1月の移籍市場に向けて、レアルは新たにクロースを移籍の条件に盛り込んだオファーをユナイテッドに提示するようだ。

 すでにレアルポグバは、相思相愛とされているが、両者は希望を叶えられるだろうか。(Football ZONE web編集部)

レアルが獲得を狙うポグバ(左)、クロースを交換要員として準備か【写真:Getty Images】