9月12日放送の橋下徹がMCを務めるトーク番組「NewsBAR橋下」(AbemaNewsチャンネル)で、ロンドンブーツ1号2号田村淳ゲスト出演。現在通う慶應義塾大学大学院での生活を激白した。

【写真を見る】「“遺書”の動画サービス事業」がやりたいと語るロンブー淳

番組では、淳が9月5日に自身のTwitter上で在学中であることを発表したばかりの慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科での“キャンパスライフ”について深掘り。

淳は「そもそも(在学中であることを)発表するつもりは全くなかったんですよ。家に手紙が届いたり、携帯電話にまで連絡が来るようになって、『いよいよバレたか。探りが入って、変な風に伝わるの嫌だな』と思って自分で言ってしまおうと思った」と公表の経緯を説明。

また、「人の学びに、こんなに色々言う人がいるんだなとちょっとびっくりしました」と賛否問わずさまざまな反応があったことを明かした。

「元々“遺書”の動画サービス事業がやりたくて。その立ち上げまでを学べるのが慶應のメディアデザイン研究科で。サービスを立ち上げて、実際に社会実装するまでをやらないと卒業できないんですよ」と語った淳は、「授業終わった後に教授をつかまえて質問したり。この春から8月3日までは月曜から金曜まで通学していた」と真剣な学習姿勢を明かし、スタジオレギュラー陣を驚かせた。

また、同級生からは「淳」と呼び捨てにされるなど距離が近いと言う淳は、「同級生から『淳、メシどうする?』と聞かれたり。この間は校内のベランダに呼ばれて、『淳、ちょっと俺好きな子ができて』と恋愛相談をされた」と微笑ましいエピソードを披露。

さらに「明日も同級生飲み会がある」と語る淳に、本番組の進行を務めるサバンナの高橋茂雄が「そこは『淳の奢りだよね』ってなるんですか?」と問いかけると、淳は「ならない。『俺が出すよ』と言うと、『いや、ダメだよそれ。友達なんだから』と言われてハッとさせられる」と明かし、スタジオの笑いを誘った。

視聴者からも「めっちゃ青春してて和む」「淳さん、面白い人生送ってるなあ」など多くの反響が寄せられた。(ザテレビジョン

ロンブー淳が慶應義塾大学大学院での生活を明かした