eSports。ひと昔前まではゲームでお金を稼ぐとか、プロゲーマーなんていうお話は完全にこち亀でネタにされるレベルのお話でしたが、今や完全に現実の話となりました。優勝賞金500万円の有名アプリゲーム「パズドラ」の大会にて、優勝した方が中学生だったという事でかなり大きな反響を呼んでいるようです。

優勝賞金500万円、贈呈せず

プロゲーマーによる『パズドラレーダー』の最強決定戦『DRAGON BOOST presents パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019』が東京ゲームショウで開催された。鮮やかに優勝したゆわ選手だったが、中学生であったため規定により賞金が獲得できず、「プロとは何か?」をあらためて問いかける結末となった。

出典元:https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00217/00038/

ではなぜ大会に出られたんだろう?など詳しくない人には色んな疑問が浮かぶ今回の問題。

twitterの反応

たしかに保護者に渡しても良いような気はしますが、どうなんでしょうか?

やはりそこは明記してあった模様

「中学生」であった、という所がネックだったようです。せめて卒業さえしていれば...でも賞金は払えませんと明記されているなら仕方ない気もしますね...

でもこういった対応もできたのでは...

たしかに、その後に払っても別に良いような気もしますし、かなり難しい問題ですね。

個人的にはコレに賛成でした。でも...

ジュニアライセンスの持ち主は一人ということなので、そもそも2部構成では成立しないという事だったようです。

ゲームの世界は奥が深い。プロになる前なので受取なしと元々明記していたならば仕方ないとも思いますし、中学卒業と同時にあげても良いのでは?という気もします。これは水掛け論ですね...

画像掲載元:いらすとや



画像が見られない場合はこちら
パズドラ大会で500万獲得した中学生、年齢規定で没収される!ネットで波紋