詳細画像はこちら

憧れの【公道最速】は遠きにあり…

text & photo:Kouzou Ebizuka(海老塚 構造)

刻々と表情を変える路面状況の中、サーキットのようなエスケープゾーンもない一般公道を全開走行で駆け抜ける、スペシャルステージ(SS)形式のラリー競技。

【公道最速】といわれるその走りには憧れるが、実際に一般公道でそんな走りをすることは法律的にも倫理的にも許されることではない。それこそラリーにエントリーでもしない限りは……。

詳細画像はこちら
一瞬、SA22CマツダサバンナRX-7のIMSA仕様(いわゆるデイトナカラー)に空目した、NAロードスター

7月14日日曜日の早朝、筆者は山奥のワインディングを雨と濃霧のなか走り続けること約3時間、群馬県藤岡市の桜山森林公園にいた。前日の13日と本日14日の2日間にわたって、この公園内の道路を通行止めにして、SSっぽいヒルクライム走行会が行われているということを聞きつけ、取材にやって来たのだ。

【ラリーっぽい】走り 合法的に体験できる機会を

このイベントを主催するのはモータースポーツイベントのコンサルティングや参戦サポートレースパーツの輸入販売などを行っているテルゾマルムラ。

代表の高橋巧氏は200戦を超すラリーにコ・ドライバーとして参戦経験を持つラリーストだ。今回のイベントは自身の経験も踏まえて「ラリーに興味を持っているクルマ好きに、ラリーっぽい走りをお手軽かつ合法的に楽しんで欲しい」との思いで企画したという。

詳細画像はこちら
ランチアプジョーを得意とするラリーショップストリートライフがエントリー受付の窓口となっていたこともあり外国車が目立つ。

しかしながら開催までの道のりは容易ではなかったという。桜山公園内の駐車場には【ドリフト走行禁止】の看板が立つように、周辺住民の自動車イベントへの印象は決して良いものではなかった。

2日間エントリーの方が安い

そうした中、管轄の警察や地元自治体、そしてなにより地域住民との粘り強い折衝を続け、イベントによる地元経済の活性化という共通の認識を得ることができたことによって、藤岡市観光協会の後援のもと、ようやく開催に至ったという。

そういった経緯もあり土曜日に習熟走行を行い、その晩に地元の旅館に宿泊、2日目に本番走行というスケジュールイベントは開催された。

詳細画像はこちら
地区の住民の方々や関係部署の協力・協賛を得て、公園内の道路を一部通行止めにして開催。ゆえにWRCのSS区間のように公道での全開走行が可能となった。

なお、「地元への貢献」という主旨から、日曜のみに参加する場合のエントリーフィーは高く設定されている。

深い霧と雨の中、林道を全開アタック

集合場所と聞いていた公園内の駐車場で待っていると、エントリー車両がやって来た。

てっきランサーインプレッサの一団とばかり予想していたところに、プジョー106シトロエン・サクソ、アルファ147ランチアデルタと、なぜか欧州車の比率が高めだ。

詳細画像はこちら
ジェットストリームNA22C IMSAボディキットでモデファイされていたNAロードスター

そこへ続いて入ってきたのはIMSA仕様のSA22CマツダサバンナRX-7?…に見まごうスタイルのNAロードスターだった。

ブリーフィングでは一般車通行止め区間以外での交通法規の遵守や、クラッシュなどで生じた道路設備の破損などの原状回復などの弁償は各自の自己責任、あくまでも「ラリーっぽい走りを楽しむ走行会」なので、オフィシャルタイム計測は行わないといった説明が行われた。

なお、イベント中の事故には通常の任意自動車保険は適用されないため、各自が競技用保険に加入している。

雨音の中に、エグゾーストノートが

これがサーキットイベントならば中止であろうという霧と雨の中、筆者は道沿いの繁みからカメラを構える。

しばらくすると雨音の中にエグゾーストノートが混じり、その音がもっとも高まったと同時に、霧に霞む林道の奥にライトポッドの光が浮かび上がった。

詳細画像はこちら
グループAタイプのロールケージが組まれ2シーター化されているランチアデルタ・エボルツィオーネ1。

狭い道の路肩には落葉や小石が溜まり、川のように雨水が流れているなど、かなり酷いコンディションであるにも関わらず、エントラントたちはかなりのペースコーナーを駆け抜けていく。

節度あるアタックで、安全に楽しむ

ただし、あくまでもこれはラリー“ちっく”な走行会で、通行止めになっているとはいえ公道での走行だ。エスケープゾーンもなく、コースオフすれば崖下にまっしぐらという場所もあるため、エントラントのドライビングにも“節度”が求められる。

今回は道路の使用許可が下りたのがイベント直前だったという事情もあり、告知期間が短かったため、参加台数は決して多くなかった。

詳細画像はこちら
エントラントが走行を行う区間には道路の使用許可証と通行止めが行われている看板が立てられ、コースマーシャルが配置されている。

しかしながら地元の方々のおもてなしと、走り応え満点の公道での全開走行にエントラントの満足感は高かったようだ。テルゾマルムラでは今後もこのような走行会を検討しているとのことなので、さらなる盛り上がりを期待したい。


■アバルトの記事
公道を合法的にSSラリー風走行 桜山公園ショート・ヒルクライム 地元との絆を大切にして
フィアット/アバルト124スパイダー後継車 見込み薄か コスト見合わず
ONE SKY! ABARTHから空を見上げよう 595C Turismo/124 spiderに試乗のチャンス
ボディ肥大化の功罪 理由は安全基準/食生活 ドライバー心理も影響 限界は近い?

イベントの記事
公道を合法的にSSラリー風走行 桜山公園ショート・ヒルクライム 地元との絆を大切にして
ポルシェ・スポーツカー・トゥギャザー・デイ 2019 歴代ポルシェが集結
エヴァイヤも登場 ジャパン・ロータス・デイ2019 400台のロータス集合
100台のフェラーリ、横浜港に フェラーリ・オーナーズクラブ・ジャパン誕生5周年

シトロエンの記事
公道を合法的にSSラリー風走行 桜山公園ショート・ヒルクライム 地元との絆を大切にして
独断と偏見で選ぶ 英国版AUTOCARお気に入り50台 番外編2
シトロエンC3エアクロスSUVシャイン・パッケージ/シャイン
2019年上半期決算 自動車メーカー勝ち組/負け組 市場は混乱 要因さまざま 前編

フィアットの記事
公道を合法的にSSラリー風走行 桜山公園ショート・ヒルクライム 地元との絆を大切にして
アルファ・ロメオ・トナーレ フィアット・チェントヴェンティ 次代を担うコンセプトモデル 中編
アルファ・ロメオ・トナーレ フィアット・チェントヴェンティ 次代を担うコンセプトモデル 前編
独断と偏見で選ぶ 英国版AUTOCARお気に入り50台 番外編2

プジョーの記事
公道を合法的にSSラリー風走行 桜山公園ショート・ヒルクライム 地元との絆を大切にして
独断と偏見で選ぶ 英国版AUTOCARお気に入り50台 番外編2
プジョー3008GTハイブリッド4発表 合計最高出力300ps 電気のみで59km走行
2019年後半 英国版これから登場予定のニューモデル 一挙ご紹介 11月分 後編

マツダの記事
公道を合法的にSSラリー風走行 桜山公園ショート・ヒルクライム 地元との絆を大切にして
独断と偏見で選ぶ 英国版AUTOCARお気に入り50台 26〜15位
R32スカイライン/80スープラ/ステルビオ 日本の旧車の評価は? 北米オークション
マツダ・ロードスター30周年記念車のオーナーに 13台のマツダ車を乗り継いだ一家

ランチアの記事
公道を合法的にSSラリー風走行 桜山公園ショート・ヒルクライム 地元との絆を大切にして
アンチSUV派に捧ぐ 新車のSUV価格で買える、魅惑の中古車 18選
ランチア037ラリー、1億円に迫る新記録 ノンレストア車がオークションに
ランチア・デルタS4ストラダーレ、1億円超えで落札 RMサザビーズ・オークション

公道を合法的にSSラリー風走行 桜山公園ショート・ヒルクライム 地元との絆を大切にして