無線LAN標準化団体のWi-Fi Alliance9月16日(現地時間)、Wi-Fi標準規格の最新バージョンWi-Fi 6」(「IEEE 802.11ax」の一般向け名称)の認証プログラムを開始したと発表した。

【その他の画像】

 米Apple9月10日に発表した「iPhone 11」など、既にWi-Fi 6対応を謳う製品が先行しているが、このプログラムはそれらが標準に準拠していることを示すものだ。

 Wi-Fi Allianceは、最初に認定を受けるスマートフォンは韓国Samsung Electronicsの「Galaxy S10」だとしている。

 Wi-Fi 6の容量は、Wi-Fi 5(802.11ac)のほぼ4倍。「高速、低遅延、電力効率、大容量で、5Gサービスを提供するために、セルラーネットワークと拡張カバレッジをサポートする重要な接続を提供する」。

 一般的なユーザーメリットとしては、単一チャンネル内で複数のクライアントに同時にサービス提供が可能になる点がある。

 既に認証を取得した製品は以下の通り。

・BroadcomR BCM4375

・BroadcomR BCM43698

・BroadcomR BCM43684

・Cypress CYW 89650 Auto-Grade Wi-Fi 6 Certified

IntelR Wi-Fi 6 (Gig+) AX200 (for PCs)

IntelR Home Wi-Fi Chipset WAV600 Series (for routers and gateways)

Marvell 88W9064 (4x4) Wi-Fi 6 Dual-Band STA

Marvell 88W9064 (4x4) + 88W9068 (8x8) Wi-Fi 6 Concurrent Dual-Band AP

・QualcommR Networking Pro 1200 Platform

・QualcommR FastConnect 6800 Wi-Fi 6 Mobile Connectivity Subsystem

・Ruckus R750 Wi-Fi 6 Access Point

 Wi-Fi Allianceは昨年10月に、一般ユーザーWi-Fi製品およびネットワークについて理解しやすくするために、Wi-Fiの名称を変更した。

Wi-Fi 6の認証バッジ