みなさんは今の職場に満足していますか? 日々忙しく仕事に取り組むなかで、「辞めたいな……」と頭をよぎった瞬間もあるのではないでしょうか。

ビジネスマン
※画像はイメージです(以下、同じ)
 厚生労働省の「新規学卒者の離職状況(平成27年3月卒業者の状況)」によると、新規大卒就職者の離職率は31.8%(2018年10月発表)で、「3年で3割退職」という数値は例年3割程度で推移しています。

 多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所」を運営する株式会社ツナググループホールディングスは、17~29歳の正社員・契約社員公務員の若者を対象に、「就業意向に関する調査」を実施しました。入社3年以内の若者における、4月末時点の退職意向とその理由とは、どのようなものなのでしょうか?

辞めるか迷っている「退職予備軍」は約5割

sub1
提供:「就業意向に関する調査」(株式会社ツナググループホールディングス
「ツナグ働き方研究所」が実施した調査では、入社3年目(2017年から2019年入社)の17~29歳の会社員(正社員・契約社員派遣社員)、公務員の67.3%が「すでに辞めた・辞めることを決めた」と回答しました(有効回答:男性41名・女性109名)。

 内訳を見ると、「すでに辞めた」(12.7%)、「辞めることを決めた」(7.3%)の合計が20%に達しており、また、「辞めるかどうか迷っている」と回答した“退職予備軍”が47.3%いる結果となりました。

辞めたい理由は「人間関係」「職場環境」…

sub2
提供:「就業意向に関する調査」(株式会社ツナググループホールディングス
 退職予備軍の若者が「もっとも辞めたいと思った理由」については、上司や同僚などとの「人間関係がよくない」(31.5%)がトップとなり、2位以降は「職場環境がブラックである」(26.0%)、「仕事内容に不満がある」(11.0%)、「入社前の理想と入社後の現実にギャップがある」(11.0%)と続いています。

「理不尽な理由で怒鳴られた」退職予備軍たちの声

 それぞれの「辞めたい理由」に対しては、以下のようなコメントが寄せられています。

人間関係がよくない
・理不尽な理由で怒鳴られた。
・上司のパワハラモラハラがひどく、毎週飲み会に強制参加させられる。
・同僚と性格が合わず常に気を使ってしまうので仕事がしづらい。

職場環境がブラックである
・目標という名のノルマがある。
・残業代が出ない。
インフルエンザでも出勤しなければならなかった。

仕事内容に不満がある
・客からの理不尽なクレームが多い。
・毎年部署が変わり、深い内容まで業務を習得できない。

入社前の理想と入社後の現実にギャップがある
・希望の配属先ではないところに配属された。
・入社前と入社後で求められる業務が異なる。

周囲のフォローで回避できることも

ビジネスマン

「3年で3割退職」という離職率の数値が定着していますが、会社を辞めたいと思っている人の理由を見ると、企業の体制そのものの改善が必要なものがある一方で、直属の上司や同僚が彼らの声に耳を傾けることで回避できそうなものもあるようです。

 自身が退職予備軍であるという人は、自分だけで抱え込まず、まず周囲の社員に相談してみるのもひとつの手かもしれませんね。

TEXT/bizSPA!取材班>

調査概要
調査内容:「就業意向に関する調査」(株式会社ツナググループホールディングス
調査期間:2019年4月20日2019年4月24日
調査対象:全国の17~29歳男女・現在の雇用形態が「会社員(正社員)」「会社員(契約社員派遣社員)」「公務員」・入社時期が2017~2019年・有効回答150名(男性41名・女性109名)
調査方法:インターネットによるアンケート

【bizSPA!取材班】

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

※画像はイメージです(以下、同じ)