成和インターナショナル株式会社(本社:東京都町田市、代表取締役社長:岸川良己 以下、成和インターナショナル)は、消費者の利便性とブランドコミュニケーション力向上を図るため、キヤノンマーケティングジャパングループキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)が提供する正規品判定クラウドサービス「C2V Connected(シーツーヴィ・コネクティッド)」を導入しました。


海外からの訪日外国旅行者は、2018年3000万人を超え、過去最高を記録しています(※1)。そのなかで、品質の高さで定評のある日本の化粧品は、訪日外国人に高い人気があり、SNSの普及などから海外でも越境ECで売上が伸びるケースも増えています。

有機肥料かつ無農薬栽培のキダチアロエなどを用いた化粧品や、ヒアルロン酸原液等の商品の企画・制作・販売まで行う成和インターナショナルは、日本のみならず、中国をはじめとした海外でも販売を伸ばしています。特に、原材料からこだわった、太陽のアロエ社「ヒアルロン酸原液」は、中国や日本のSNS、コスメ総合サイト等で瞬く間に反響を呼び、現在も販売を拡大しています。一方で、2015年末頃より同社の模倣品が中国市場で確認されていました。

こうした背景のなか、成和インターナショナルブランドの保護および強化の施策を検討してきました。2019年春にキヤノンITSが提供する正規品判定クラウドサービス「C2V Connected」の導入を発表、2019年6月から「ヒアルロン酸原液 80ml」に、「C2V Connected」のConnectedTag(※2)を貼付し出荷しています。本サービスは、消費者自らが商品に貼付されたConnectedTagをスマートフォンで読み取り、商品が正規品かどうかを簡単に判別できるものです。成和インターナショナルは本サービスを利用し、中国で利用者の多いSNSWeChat」(※3)の公式アカウントからも判定できるようにし、消費者の利便性とブランドコミュニケーション力を向上する施策を講じています。また、模倣品かどうか疑わしい場合の問い合わせには、本サービスの利用を案内することで事態の拡大を防ぐと同時に、業務効率化と信頼性向上につながっています。

キヤノンITSは、システム構築、サービス導入の実績・ノウハウを生かしながら、正規品判定クラウドサービス「C2V Connected」の提案、販売を強化し、導入企業のブランド施策・コミュニケーション向上の支援や売上拡大に貢献していきます。

■成和インターナショナル株式会社の概要


■事例紹介セミナー
成和インターナショナルの事例をアライドアーキテクツ主催のセミナーにてキヤノンITSが講演します。
【開催概要】

正規品判定クラウドサービス「C2V Connected」の概要
「C2V Connected」は、スマートフォンを利用して誰もが簡単に正規品判定が行えます。国境をこえて「人」と「モノ」をリアルタイムつなぎ(=「Connected」)、消費者とブランドを守るソリューションで、ブランドと商品の信頼性向上を支援します。正規品判定用アプリに加えて、中国で利用されているSNSWeChat」の公式アカウントから正規品判定が可能です(※4)。
価格体系としては、ConnectedTag 1枚あたり、2次元バーコードタイプで5円から、RFIDタイプ50円から、本サービスを提供します。

(※1) 出展:日本政府観光局(JNTO) による「訪日外客数」
(※2) ConnectedTag:C2V Connectedを利用しオンライン判定が行えるIDタグ商品群の総称
(※3) WeChat:中国IT企業大手のテンセント(Tencent)社が提供するスマートフォン向け無料通信アプリ
(※4)本機能は、C2V ConnectedのWebサービス API (WS API) をユーザー企業に公開し、WeChat連携が可能。別途、連携先(WeChat)側における開発作業は必要。


*****************************************************
●報道関係者のお問い合わせ先
キヤノンITソリューションズ株式会社
企画本部 事業推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

●一般の方のお問い合わせ先
キヤノンITソリューションズ株式会社
SIサービス事業部 ソリューション推進本部 ソリューション企画部
03-6741-9181(直通)
*****************************************************

配信元企業:キヤノンITソリューションズ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ