意外にも、割り勘には否定的な意見が多いようでした

デート時のお金は男性が出すべきなのか、割り勘で良いのか、結局どちらが正解なのか……。幾度となく議論になってきたテーマだが、ガールズちゃんねる9月6日「割り勘だと正直冷める人」というトピックが立った。
【関連:「彼氏からのプレゼントがいつも1000円くらい」と悩む女性に反響】

現在20代のトピ主は「割り勘された=女性として見られていない」という認識があるようで、「恋愛感情からただの友達かそれ以下にしか見れなくなってしまいます 」と、割り勘にされた瞬間一気に冷めてしまうという。(文:石川祐介)

「お金が全てではないけど、男気を見せて欲しい」という声も

昨今は、男女平等ということだけでなく実際に男性よりも稼ぐ女性も多いので、時代錯誤にも思えるような主張をするトピ主に対し厳しいコメントがトピック内に溢れるのかと思いきや、

ぶっちゃけ割り勘で冷める人の方が大半な気がする」
「別にお金が惜しいわけじゃなくて、『奢って好感度を上げるほどの相手じゃないと思われたのかな』って考えちゃう」

と共感の声が多く寄せられた。トピ主同様、奢られることは自分が異性として見られているどうかを測る目安と捉えている人は多くいた。

「日々の化粧や運動とか、デート時の洋服も考えて買うし、 化粧にも美容院にもお金がかかってる」

女性はデート当日だけでなく、デートに誘ってもらうために様々な経費をかけているため、デートに誘ったならお金を出すのは当然だと主張する意見も見られた。

他にも、「お金が全てではないけど、男気を見せて欲しい」と"男気"というワードが散見された。ジェンダーフリーが良しとされ、"男性らしさ"や"女性らしさを押し付けることに否定的な時代になったが、「男性が奢る」という男性らしい行動を肯定的な人は意外といる。

割り勘なら「男を立てろ」という態度をとってはいけない

とは言え、デート時の全ての会計を出す必要はなく、「1回目は奢ってほしい。 2回目からは割り勘、もしくは『今回出すから次の店出して?』とかでいい」とケースバイケースで奢られたいと考える人も少なくない。

「割り勘でも良いんだけど、割り勘なのに『男の方が偉い』『女は男を立てろ』みたいなのはムカつく」

また、割り勘を望むならデート時では対等に接して欲しいと指摘する人もいた。デート時に長々と自分語りをしたり、料理の取り分けを女性に任せるような男性とデートをしたのであれば、流石に「奢られて当然」と思ってしまうのも納得である。女性が「割り勘は無理」と口にする背景には、男性の横柄な態度も影響しているのではないだろうか。

デートは割り勘」がマジョリティになったかと思いきや、奢られたい派の女性が多いことには驚かされた。この様子だとデート時の会計問題はまだまだ終結しそうにない。