あす(水)関東は涼しく 千葉でも雨に

日中はまとまった雨で 気温も10月中旬並みに


2019年9月17日
あす(水)関東は涼しく 千葉でも雨に
(解説:気象予報士 尾崎里奈)

9月も半ばですが、日本列島はまだ夏が優勢です。この時間、すでに30℃以上なっており、平年よりも5℃前後も高くなっています。このあと、気温はさらに上がりそうです。高知では35℃の猛暑日が予想されています。

また、きょうは平野部では雨の心配は、ほとんどありませんが、関東周辺から近畿地方にかけての主に山沿いでは、にわか雨がありますので、お気をつけください。

そして、あすは、特に関東で、天気も気温も大きく変わりそうです。きょうからあすにかけては、大陸から移動してくる高気圧によって、関東では北から東寄りの風で、涼しくて湿った空気が流れ込んでくる予想です。

この影響で、関東の沿岸部では気温が大きく下がりそうです。昼間でも22℃前後の予想。10月中旬並みの気温となります。また、雨も降りそうです。あすは、先日の台風15号による爪痕が残って、復旧作業や停電が続いている千葉県では、朝から雨が降り出し、一部で強まる所も出てきます。この雨は、夜にかけて続きそうです。

千葉県では、きょうは晴れて暑くなり、熱中症に気をつけて頂きたいのですが、あすはまとまった雨となりそうですから、雨をしのげる安全な場所でお過ごしください。

あす(水)関東は涼しく 千葉でも雨に