デンマークの協働ロボットメーカーであるユニバーサルロボット9月17日、可搬重量16kgに対応した協働ロボット「UR16e」の販売を開始したことを発表した。

ロボットは、設置面積が小さいながら900mmのリーチと±0.05mmの位置繰り返し精度を実現。従来の同社e-Seriesと同様、力/トルクセンサを内蔵し、停止時間と停止距離の調整など設定可能な17の安全機能なども備えている。

なお、可搬重量が16kgまで向上したことで、同社では重量物の搬送やハンドリングマシンテンディングなどの自動化に最適だと説明している。
(小林行雄)

画像提供:マイナビニュース