東京・目黒区で虐待を受けて衰弱していた船戸結愛ちゃん(当時5歳)を放置し、死なせた罪に問われた母親の船戸優里被告(27)に対し、東京地裁は懲役8年の判決を言い渡した。
AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

検察側は懲役11年を求刑

目黒女児虐待死、母親の船戸優里被告に懲役8年 東京地裁