東京オリンピックパラリンピックの競技会場に近いJR千駄ケ谷駅の改良工事が進行中。このたび、新駅舎と新ホーム(旧臨時ホーム)の使用開始日が決定しました。

改札口やコンコースを拡張

JR東日本東京支社は2019年9月17日(火)、中央・総武線各駅停車が発着する千駄ケ谷駅(東京都渋谷区)の新駅舎を10月27日(日)から、新ホーム2020年3月22日(日)からそれぞれ使用開始すると発表しました。

同駅は2020年東京オリンピックパラリンピックに向けた競技会場周辺駅整備として、2016年から改良工事を実施。トイレの拡張や、御茶ノ水方面ホームバリアフリー設備(エレベーターなど)拡充などが行われてきました。

10月の新駅舎使用開始時は、改札口やコンコースが拡張され、混雑緩和が図られます。使われていない臨時ホームは、新宿方面の専用ホームとして改修。付帯するバリアフリー設備とともに、2020年3月22日(日)の初電から使用を開始します。

なお、駅の仮設設備撤去は12月20日(金)、駅前広場整備は2020年2月ごろにそれぞれ完了予定。ホームドア2020年6月ごろに使用開始となる計画です。

改良工事後の千駄ケ谷駅外観イメージ(画像:JR東日本)。