9月17日(火)放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、地元の人から愛され続けている魚屋を家族と共に切り盛りする森朝奈さん(32歳)に密着する。

【写真を見る】男性でも音を上げるマグロの解体に挑む森朝奈さん

名古屋にある鮮魚の卸売り「寿商店」は、昭和55年の創業から39年、鮮度抜群の魚介を取りそろえる魚屋として、地元の街で愛され続けている。さらに、併設する飲食店では「中トロランチ」や「鯨ステーキ丼ランチ」など、市場で仕入れたばかりの新鮮な魚介料理が楽しめる。森さんは、そんな魚屋の長女として、家族と共に店を切り盛りしている。

■ 三木谷浩史社長の秘書を経験

小さな頃から、大きな魚を解体する父の姿に憧れていた彼女は、小学生の頃から家業を継ぐと決めていた。だが、一度は社会勉強がしたいと上京し大学に進学。卒業後は、インターネットを利用した小売りビジネスのノウハウを学び、家業に取り入れたいという思いで、楽天株式会社に入社。2年間、三木谷浩史社長の秘書を務めた後、24歳で実家の寿商店に戻った。

寿商店は、経営する店舗で小売りも行っているため、森さんは市場での鮮魚の仕入れから下処理・加工、取引先への卸、そして店舗での接客まで何でもこなす。さらにIT企業での経験を生かし、インターネットを利用した受注システムを導入し、経営の幅を広げている。

■ 豪快な父と負けず嫌いな妹

そんな彼女が気を配る相手が、妹の花波さんである。「姉に負けたくない」と対抗心を隠さない妹に対し、「かわいくて仕方がないけれども、上司として接しなければならない」という葛藤を日々抱えている。

経営する店舗では、恒例行事としてマグロの解体ショーを毎月開催している。父が長年、大切に守り続けて来たイベントを、森さんは初めて任された。男性でも音を上げるマグロの解体を任された彼女の思い、そして、豪快な父と負けず嫌いな妹との間で、常に家族に対する気配りを忘れない彼女に密着する。

VTRの中では、父・嶢至(たかし)さんのツボを知り尽くす森さんが、父がイライラした時の解消方法を紹介する様子が映し出される。その方法で、父の機嫌が絵に描いたように良くなっていく姿を見たYOUスタジオメンバーたちは、思わずほほ笑んでしまう。一方、若林正恭は「セブンルール」の出演者を見て驚くことを告白する。(ザテレビジョン

「セブンルール」に登場する森朝奈さん