Credit: depositphotos

Point

■イェール大学が、遺伝子操作したオスの蚊を野生のメスと交配させることで、子孫繁栄を妨害する実験結果を報告

■27ヶ月に及ぶ実験期間のうち、最初は蚊の減少が見られたものの、18ヶ月後にはもと通りの数に戻っていた

■さらに、強い殺虫耐性を持つハイブリッド種が誕生したと報告されている

人類「蚊を絶対殺す……」ヒトの血を毒にする実験がアフリカで行われる

アメリカのイェール大学が数年前から行なっていた、「蚊を遺伝子操作して個体数を減らす」という実験の結果が発表されました。

蚊の根絶にむけて、遺伝子操作された蚊の放出が目前 / GIZMODO
https://www.gizmodo.jp/2016/11/mosquito-genocide.html

最初の数ヶ月は予測通り蚊が減少しましたが、18ヶ月後にはもと通りに戻ったといいます。さらに、遺伝子操作したオスと野生のメスとのハイブリッド種が誕生したことで、蚊の殺虫耐性が強まった可能性もあるようです。

研究の詳細は、9月10日付けで「Nature Scientific Reports」に掲載されています。

実験は失敗。個体数は元通りに

ジカウイルスやマラリアといった病原菌を広める危険な生物として知られる蚊。特に昨今は地球温暖化で蚊の生息範囲が広まり、病気の感染地域も以前より大きくなっています。

こうした状況を鑑みて、専門家たちは蚊の遺伝子をハッキングし、子孫繁栄を妨害する方法を研究していました。

イェール大学のジェフリー・パウエル氏はその仕組みについて、「オスの個体に致死的な遺伝子を組み込むことで、交配時にメスの体内に侵入し、子孫を宿すことができなくなる」と説明しています。

Credit:pixabay

ブラジルのジャコビノで実施されたテストでは、ラボ内で遺伝子組み換えしたオスを、約45万匹ずつ週に1度野生に放ち、これを27ヶ月間に渡って続けました。

トータルで数千万の遺伝子操作されたオスが野に解き放たれたことになります。

リリース後、6ヶ月、12ヶ月、27ヶ月、30ヶ月の間隔で追跡調査を行いました。試験前は、ジャコビノに生息する蚊の85%を減らすことができると予測されました。

実際、最初の数ヶ月間は予定通りメスの子孫繁栄率が下がりましたが、18ヶ月後には元どおりの個体数に逆戻りしていたのです。

ウエル氏は、「おそらくメスが遺伝子組み換えされたオスと交配しない方法を見つけたのだろう」と推測しています。

不死身の蚊が誕生?

Credit:newatlas

しかし事態はさらに深刻です。

交配により生まれたハイブリッド種は、ブラジル土着の遺伝子に、実験に使用したキューバメキシコの蚊の遺伝子も混ざったことで、殺虫耐性が強化されたと考えられるのです。

幸い、ハイブリッド種に人への直接的な危険性はないそうですが、長いスパンで見ると、今後どのような影響を与えるかまったく予測がつかない状況となっています。

もしかすると、どんな殺虫剤も通用しない不死身の蚊が誕生してしまったのかもしれません。自然を科学でコントロールしようとすると、思わぬ結果がかえってくるのが恐ろしいところです。今後、さらなる慎重な対応が要されるでしょう。

蚊に刺されやすい人の科学的な特徴って?

オジー・オズボーンをDNA解析した結果、「ミュータント」だったことが判明

遺伝子操作による蚊の減少実験が失敗、さらに「不死身の蚊」が誕生?