2019年9月17日の株式市場で、コロプラ(東証1部)がストップ高(値幅制限の上限)となる営業日比100円高(+14.43%)の793円まで上昇しました。同社が共同開発した「ドラゴンクエストウォーク」がセールスランキング1位になるなど、好調なスタートを切っているのが好感されています。

【その他の画像】

 スクウェア・エニックスホールディングス(東証1部)も年初来高値を更新。終値は185円高(+4.19%)の4605円でした。

 ドラゴンクエストウォークは、国民的人気ゲームシリーズドラゴンクエストシリーズ初の位置情報RPGとして、9月12日iOSAndroid向けにサービスを開始。13日にはApp Storeのセールスランキング1位を獲得し、14日にはダウンロード数が300万を突破。滑り出しは順調です。

 コロプラの株価は同アプリの共同開発が発表された6月初旬に急上昇したものの、自社タイトルのセールスランキング操作問題などもあり、さえない展開が続いていました。ドラクエウォークの成否が今後の株価を左右しそうです。

国民的タイトルの位置情報RPG「ドラゴンクエストウォーク」(App Storeより)