スクウェア・エニックス2019年9月15日,「『Marvel's Avengersアベンジャーズ)』TGS 2019スペシャルステージ」を,東京ゲームショウ2019のスクウェア・エニックス メインステージにて開催した。このイベントでは,同社が2020年5月15日リリースを予定している「Marvel's Avengers」(PC / PS4 / Xbox One)の実機プレイデモが披露された。




 会場では,導入部のストーリーに沿って,プレイアブルキャラクターキャプテン・アメリカアイアンマンブラック・ウィドウ,ソー,そしてハルクの5人を次々にプレイする本作(英語版)のチュートリアルの実機プレイが披露された。

 本作のエディリアルディレクターを務めるCrystal Dynamicsのケーシー・リンチ氏は,本作で最も注力したところについて「80年以上の歴史を持つ,いろいろMarvel作品に影響を受けている。アクションゲームなので,個性的なヒーロー達を操作して楽しめるようにしています」と説明していた。

 最初にプレイアブルキャラクターとして登場したのは,ソーである。彼は,オールラウンドなキャラクターで,近接攻撃はもちろん,ムジョルニア(ハンマー)を投げつけ,任意のタイミングで呼び戻す攻撃などができる。また地面を打ち付けて,範囲攻撃をすることも可能だ。
 またソーは被ダメージを軽減したり,逆に敵に与えるダメージを増やしたりといった能力を持っているとのこと。


 次に登場したアイアンマンは,テクノロジーを駆使した兵装で敵を攻撃する。例えば空中を飛びながら敵を狙い撃ったり,レーザーロケット弾を切り替えて攻撃したりできる。もちろんユニビームを撃つことも可能だ。


 続いてハルクが登場。ハルクは巨体を駆使して,敵を投げつけたりオブジェクトを破壊したりしていく。また敵を掴んで振り回す広範囲の攻撃も確認できた。
 身体の大きさに似合わず動きが素早く,ジャンプを駆使した移動や攻撃もできるので,ハルクプレイしていてかなり爽快なのではないかと感じられた。
 なおリンチ氏は本作のハルクを,「キングコングのように暴れられるヒーロー」と表現していた。


 キャプテン・アメリカは,ソーと同じくオールラウンドタイプだが,どちらかと言えば近接攻撃寄りで,アクロバティックな攻撃もできるとのこと。とは言っても,もちろんシールドを投げつける攻撃も可能になっている。


 最後の中ボス戦には,ブラック・ウィドウが登場。ブラック・ウィドウは素早い回避行動で敵の攻撃をかわしながら中長距離を保ちつつ,二丁拳銃で敵を狙い撃っていく。敵の接近を許してしまった場合は,トンファーを使った近接攻撃などで対応できる。
 また本作オリジナルの技も用意されているそうで,会場ではブラック・ウィドウが透明になって敵を攻撃する姿が披露された。


 リンチ氏によると,本作はヒーローが持つもともとの個性を活かしつつ,爽快でダイナミックプレイができるように作られているという。またゲーム本編にはさまざまなタイプの敵が登場するので,それに対応できるようヒーローの技を使い分けていくことが攻略上のポイントになるそうだ。


 またゲーム本編にはシングルプレイと,最大4人でプレイ可能な協力プレイが用意されているとのこと。協力プレイでは,能力の異なるヒーロー同士の連携が重要になるよう設計しているため,同じヒーローチームを組むことはできないようだ。
 さらに,上記のとおり敵の特性に沿った戦術を考える必要もある。例えばアイアンマンであれば,兵装を選ぶという要素があるのだとか。とくに強敵には念入りな対策が必要だという。

 本作では,ヒーローの見た目とゲームプレイのカスタマイズも可能。見た目に関してはコスチュームを変更できるとのことで,ゲーム中にMarvelファンが喜ぶようなコスチュームを多数用意しているそうだ。これらのコスチュームの大半は,ゲームの進行に沿って獲得できるという。そのほか,特殊な条件をクリアした報酬として手に入ることもあるという。


 また,今回披露された5人以外のヒーローも追加されるとのこと。合わせてステージミッションも追加されていき,いずれも無料で提供される。

 あらめて本作のこだわりを問われたリンチ氏は,キャラクターを起点に開発していることを繰り返し強調。「一番大事なことは,プレイヤーがそのヒーローになりきれること」とし,原作のイメージを損なうことなくヒーローそれぞれの技を再現することは大変だったが,そこを疎かにしては台無しなので力を入れたと話していた。


 なお本作のストーリーオリジナルとのことだが,Marvelとは密に連携を取りながら開発を進めており,原作コミックライターによるチェックもなされているそうなので,そのクオリティに期待が高まるところ。

 イベントの終盤には,本作が完全ローカライズされ,国内では日本語字幕とフルボイスが付いた状態でリリースされることも明かされた。
 最後にリンチ氏が,「完全オリジナルストーリーヒーロー達の個性を1つにまとめています。皆さんに楽しんでいただけるよう鋭意開発を進めていますので,ぜひご期待ください」と述べて,イベントを締めくくった。

リンク「Marvel's Avengers」公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/462/G046225/20190917058/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
・PC Marvel's Avengers
PS4 Marvel's Avengers
Xbox One Marvel's Avengers

―――――――――――――――――――――――――――――
(C) 2019 MARVEL. Developed by Crystal Dynamics and Eidos Montréal. Development support provided by Nixxes. All rights reserved.
(C) 2019 MARVEL. Developed by Crystal Dynamics and Eidos Montreal. Development support provided by Nixxes. All rights reserved.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

[TGS 2019]「Marvel's Avengers(アベンジャーズ)」のスペシャルステージをレポート。ヒーローが次々に登場するプレイデモがお披露目に