アンデルレヒト戦で後半37分から途中出場 わずか5分で決勝ゴールと殊勲の活躍を披露

 ベルギー1部アントワープ日本代表MF三好康児は現地時間15日、敵地でのリーグ第7節アンデルレヒト戦に途中出場し、決勝ゴールを挙げる活躍を見せて2-1の勝利に貢献した。海外メディアが「アントワープ予想外ヒーロー」と称すれば、同僚も「面白い」「我々にとって重要であることが証明された」と高く評価している。ベルギーサッカー専門サイト「WALFOOT」が報じた。

 三好は今夏のコパ・アメリカ南米選手権)に日本代表として参戦し、グループリーグ第2戦ウルグアイ戦(2-2)では2得点を記録した。大会後には期限付き移籍していた横浜F・マリノスに戻ったが、欧州移籍を前提に契約を解除。その後、8月20日に保有権を持つ川崎フロンターレからアントワープに期限付き移籍することが発表されていた。

 そして9月15日、名門アンデルレヒト戦で待望のデビューを飾る。1-1で迎えた後半37分、MFリオルラファエロフとの交代で途中出場。すると、わずか5分後、右サイドからのクロスのこぼれ球をペナルティーエリア内で拾った三好は、ドリブルでシュートコースを作って左足を振り抜く。一度はDFにブロックされたものの、跳ね返りを再び左足でダイレクトで叩くと強烈なシュートがGKの頭上を射抜き、勝ち越しのゴールネットを揺らした。

 ベルギーサッカー専門サイト「WALFOOT」は、「アントワープ予想外ヒーロー」と題し、殊勲の日本人助っ人の働きを「5分で違いを生み出した」と評価した。また、記事では同僚たちのコメントも紹介しており、ベルギー人MFアレクシス・デ・サールが「(三好は)アントワープスタイルでないのは明らか(笑)。だけど、優れたクオリティーを持っているから、そういう選手がいるのは面白い」と話せば、トルコ代表GKシナン・ボラトは「彼はすでにトレーニングスキルを見せてくれる。そして今、彼のスピードが我々にとって重要であることが証明された」と早くも一目置かれる存在となっている。

 三好自身は試合後、「アントワープが質の高いチームであることは分かっていた。自分のクオリティーを示すためにここにいるが、もっと良くできるし、もっと見せたい」と話したという。

 成長を求めて渡ったベルギーの地で、三好は大きな飛躍を遂げようとしている。(Football ZONE web編集部)

デビュー戦でゴールを決めたMF三好康児【写真:Getty Images】