9月20日(金)からいよいよラグビーワールドカップ2019日本大会が開幕します!
キヤノンは、ラグビーワールドカップ2019のオフィシャルスポンサーです。12開催都市で実施されるファンゾーン(※)のうち、東京スポーツスクエア(東京都)、調布駅前広場(東京都)、臨港パーク神奈川県)、大分いこいの道広場(大分県)にて、キヤノンブースを出展します。(各都市のファンゾーン開催場所・期間の詳細は、キヤノンの特設サイトをご覧ください。URLhttps://global.canon/ja/event/rwc2019/special/fanzone.html
また、各試合会場には、その会場で試合を行うチームを紹介する「キヤノンラグビーウォールギャラリー」を設置します。さらに、キヤノンウェブサイトでは、試合を盛り上げる応援グッズも紹介しています。
※ 12開催都市の自治体が開催するパブリックビューイングスポンサーエリアを含むイベントエリア

ファンゾーンのキヤノンブース(イメージ)
思い出を動画や写真で「カタチ」に残そう!
調布駅前広場、臨港パーク、大分いこいの道広場
自分が選手になってタックルをかわしてトライしたり、大会公式マスコットレンジー」と一緒に撮影したりできる合成動画体験ブース「Canon Exciting Studio」を設置。撮影データQRコードを使ってスマホダウンロードできます。さらに、動画から切り出した写真はその場でプリントしてプレゼント。ここでしかできない記念動画撮影を体験しましょう!
動画サンプル1.

(動画はこちら)https://api01-platform.stream.co.jp/apiservice/plt3/NjI4%23OTQ0%23280%23168%230%233FE620D1E400%23OzEw%23

動画サンプル2.
(動画はこちら)https://api01-platform.stream.co.jp/apiservice/plt3/NjI4%23OTQz%23280%23168%230%233FE620D1E400%23OzEw%23

東京スポーツスクエア
ラグビー気分を味わいながら、SNS映えする写真が撮れるフォトスポットを2か所設置。撮影した写真はキヤノンブース限定フォトフレームプリントし、台紙に入れてプレゼントラグビーファンはもちろん、可愛いものが好きなみなさんの参加をお待ちしています!
キヤノンブース限定フォトフレーム(イメージ)
キヤノンブース限定台紙(イメージ)

試合会場の「キヤノンラグビーウォールギャラリー」で写真を撮ろう!
キヤノンはこれまで開催都市を中心とした自治体と協力し、「キヤノンラグビーウォールギャラリー」を設置してきました。開催期間中は、全12開催都市の試合会場で、その会場で試合をするチームのウォールギャラリーを設置します!決勝や準決勝、準々決勝がある会場では、勝ち進んだチームによって写真も入れ替わります。

イメージ

キヤノンラグビーウォールギャラリー」の詳細はこちらをご覧ください。https://global.canon/ja/event/rwc2019/special/wall_gallery.html

キヤノンウェブページには、ネイルシールや応援に使えるグッズも!
★無料アプリ「ネイルシールプリント for Canon(※)」
ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場する全20チームのネイルシールデザインを公開しています。20チームそれぞれ3パターンで、合計60種類のデザインがあり、スタジアムに試合を観に行くときはもちろん、テレビ観戦するときやキャンプ地でのチームの応援にも、全20チームのネイルデザインを選んで楽しめます!

https://cweb.canon.jp/pixus/special/nail/(RWC2019デザイン2019年12月末まで公開)

★無料印刷素材サイトクリエイティブパーク
うちわやメガホン、バナーなど、自分で印刷して作れる応援グッズを多数用意しています。大会公式マスコットレンジー」を立体的に作ることができるペーパークラフトもありますので、ぜひご活用ください!
https://creativepark.canon/jp/special/rwc2019/

メガホン:RWC 2019 レンジー
うちわ(平面):RWC 2019 レンジー

※ インクジェットプリンターで、専用用紙「オリジナルネイルプリントシール」(別売り)を使い簡単にネイルシールプリントできる無料アプリです。対応機種はPIXUS TS8330/PIXUS TS8230/PIXUS XK80/PIXUS XK60/TR9530/TR703です。
TM (C) Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.

配信元企業:キヤノン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ