walk1


 都市は人も交通量も多く、通りも迷宮のように入り組んでいる。

 普通に目が見える人でも移動には難儀するものなのだから、目が見えなければその困難はいかばかりだろうか?

 イギリスで行われた調査によると、移動に関わる障害のある成人は、健常者に比べて移動量が39%少なかったそうだ。

 だが、そんな状況も新開発のスマート杖「ウィーウォーク(WeWALK)」があれば革新的なまでに変わるかもしれない。

―あわせて読みたい―

目が不自由な人の為の「触れられる思い出」が3Dプリンターで蘇える
世が世なら・・・発達障害「ADHD」は狩猟採集社会では優位性を持っていた。現代でも適した職業や場所が見つかれば特性を強みに変えられる可能性(米研究)
初めて色のついた子供たちを見た瞬間、父親は感動のあまりむせび泣く。色覚異常矯正メガネで得た色のついた世界。
その声は本物?合成?会話相手の音声がAIかどうかを警告するデバイスが登場
手話を知らなくても会話できる。手話を言葉に変換する手袋デバイスが開発される


Revolutionary Smart Cane WeWALK

スマートに視覚障害者の移動をサポートする「ウィーウォーク」

 「ウィーウォーク」は、超音波センサーによって周囲の様子を探り、障害物があればグリップの部分のバイブ機能で知らせてくれる高機能な白杖だ。

 低いところにある障害物でも胸より高い位置にある障害物でも、きちんと危険を伝えてくれるまさにスマートな杖である。

 ブルートゥースを経由して、スマホアプリと連携することもできる。その操作は「ウィーウォーク」に搭載された片手で操作できるタッチバッドを使えばいい。

 これなら、操作のために両手がふさがってしまう心配もない。

walk2


 手を使うのも面倒だというなら、音声アシスタントグーグルマップのようなサードパーティ製のアプリを操作することもできる。

 さらにスピーカーが内蔵されており、近くにあるお店や施設の情報を知らせてくれるという便利なナビ機能も搭載されている。

walk4


先端テクノロジーを駆使して視覚障害者にもっと移動の自由を


 自身も視覚障害者であるウィーウォーク社の共同設立者でCEOのキュルシャト・ジェイラン氏は、

先端テクノロジーを使って視覚障害者の力になりたいという思いから、スマート杖の開発に着手した。

近ごろでは、空飛ぶ車の話題でもちきりだが、視覚障害者は単なる杖しか使っていない。私も視覚障害者だが、地下鉄の駅でどの出口に向かえばいいのか分からない。

どのバスが来ているのかも、周りにどんなお店があるのかも分からない。「ウィーウォーク」が教えてくれるのは、そんな情報だ


と語っている。

walk5


 「ウィーウォーク」はこちらサイト499ドル(約5万4000円)で販売中。いずれはウーバーのような相乗りアプリ交通サービスと連携して、ナビ機能をさらに拡充していく予定だそうだ。

References:Department for Transport / Adapt network / We walk / Good news network / YouTubeなど / written by hiroching / edited by usagi

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282371.html
 

こちらもオススメ!

グッズ・商品の紹介記事―

箸を置くならマッチョに限る。安定感抜群、ササミを無性に食べたくなるかもしれない「マッチョな箸置き」が予約販売中
ケンタッキーが本気でチキン味のマニュキュアを開発していた件
飾れるし着用できる!機動戦士ガンダム、シャアのヘルメット&ヘッドギアセットが販売中
一気に犬毛を乾かします。労力も時間も犬のストレスも軽減できる次世代型犬用ドライヤーが販売中
こんなプロポーズもありかも!?おにぎりをパカッと開くと、具のリングがでてくるカプセルトイ「おにぎりん具」

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

「ベンタブラック」よりもさらに黒い。世界一真っ黒の記録を更新した素材が偶然の発見により生み出される(米研究)
そう遠くない未来に、メッシュ型の脳インプラントで脳の病気や依存症が治療できる時代に(米研究)
知的好奇心があふれ出す。フォローするべき5つの科学系インスタグラムアカウント
巨大バスターミナルがぐわんと90度回転。世界ギネス記録を更新した移動ターミナル(中国)
怖い、新型iPhoneが怖い。カメラの蓮コラ感に震える集合体恐怖症の人々とレンズ増殖コラ画像(閲覧注意)
視覚障害を持つエンジニアが開発したスマート白杖、先端テクノロジーで歩行をサポート