アップルは、スマートフォンiPhone 11(イレブン)」シリーズ3モデル2019年9月20日に発売する。

6.1型「iPhone 11」、6.5型「11 Pro Max」

いずれもOSは「iOS 13」をプレインストールカメラでの自分撮りやカレンダーで予定のチェックなどの日常的に行う操作をホームスクリーンから実行できるなど、触覚タッチにより好みのアプリを素早く操作できる。

機械学習に適した設計の「A13 Bionic」プロセッサーを搭載。効率を重視した設計で、いずれも前モデルと比べバッテリー駆動時間が長くなった。

顔認証「Face ID」、「Dolby Atmos」サラウンドサウンド、「Wi-Fi 6」対応の無線LANnanoSIMとeSIMデュアルSIMカードスロットを備える。

ストレージ容量のラインアップは64GB、128GB、256GB。

6.1型(1792×828ドット)「Liquid Retina HDディスプレイ」を搭載した「iPhone 11」は、背面が1枚のガラス板から精巧に作られ、スマートフォンの中で最も頑丈なガラスが特長だ。

背面に超広角と広角の1200万画素デュアルカメラを搭載。2倍の光学ズーム、最大5倍のデジタルズームを備え、4K動画の撮影にも対応する。前面には毎秒60コマの4K動画の撮影が可能な1200万画素「TrueDepthカメラ」を装備する。

最大水深2メートルで最大30分間の浸水、コーヒージュースなどの液体にも耐えられるというIP68等級の耐水性能を備える。

カラーパープルグリーンイエローブラックホワイトPRODUCT(RED)の6色。

価格は7万4800円~9万800円(以下全て税別)。

有機ELSuper Retina XDRディスプレイ」を搭載した、5.8型(2431125ドット)「iPhone 11 Pro」および6.5型(2681242ドット)「iPhone 11 Pro Max」は、背面がマットガラス製で、側面は磨き上げられたステンレスフレームとなっている。水深最大4メートルで最大30分間というIP68等級の耐水性能を備える。

超広角/広角/望遠のトリプルカメラを背面に装備。風景写真から被写体に大きく寄ったショットにも対応する。前面には1200万画素「TrueDepthカメラ」を装備する。

カラーミッドナイトグリーンスペースグレイシルバーゴールドの4色。

価格は、「iPhone 11 Pro」が10万6800円~14万4800円。「iPhone 11 Pro Max」が11万9800円~15万7800円<J-CASTトレンド>

3モデルともカメラ機能が進化